大阪弁の男に恋をした

「ここは明るくて可愛い子しか採用しないんだよ。君、それわかってる?」
丸メガネのマネージャーは明らかに苛立っていた。
「えーっと、それは……」
「じゃあ、君のことをアピールしてみて。例えば、そうだな。『私はネクラです』、とかさ」
「え……その……」
緊張に体がこわばり、舌がもつれる。
(帰りたい)
頭の中にはその言葉が渦巻いていた。

今から35年前、17歳だった私はクラスメイトと一緒に、某ハンバーガーショップのバイト面接を受けた。
美人で明るい友人はすぐ採用されたのに、私の面接はかなり長引いた。
マネージャーはテーブルの上に分厚い紙の束を置いた。
「これ、今回来た履歴書。この中で選ばれるのはたった2人。君って、その価値があると思う? さっさと答えて」

周りにいたバイト生たちが、気の毒そうに視線をそらす。

その時、背の高い細面の男性が入ってきた。

他のスタッフとは違う、薄いクリーム色の制服を身につけ、名札には店長と書かれてあった。
すっと伸びた背筋と洗練された立ち振る舞いに、一見して地元の人じゃない、 とわかる。

店長は不穏な空気を察したらしく
「ん? なんや?」
と大阪弁でマネージャーに尋ねた。
「いや、この子がうちに入りたいって」
店長は履歴書にざっと目を通し、顔を上げて今度は私の顔をじーっと見た。
長い時間が経過し、私の顔に血が上っていく。
やがて店長は一言、こういった。
「ええんやない?」
マネージャーと私が同時に「は?」というような顔になる。
「この子、ええわ。おもろそうや」
店長はきっぱりとそう言って……。

私のバイト生活はスタートした。

数日間の研修を経て、カウンターデビューの日が訪れる。
「うん。2人ともすごく可愛いね。いい笑顔」
マネージャーは右側にいるバイト生たちに満面の笑みを向けた後、怒ったような顔で私を見た。
「……貧相なのが1人いるね。みんなの足だけは引っ張らないようにね」
心臓が冷たい手で、ギュッと掴まれたような気分になった時、フロアに店長が現れた。
「お、渡辺、今日からか」
そう言うと店長は、またじーっと顔を近づけて私を凝視した。
「渡辺は大人しゅうて赤面症なんやな。そんなの、ここでバイトしたらすぐ治る」
冷え切っていた心臓に、熱が戻ってきた。
勇気を取り戻した私は、苦手なスマイルを必死に浮かべ、なんとかカウンターデビューを乗り切った。

それからというもの、店長はマネージャーにいじられる私を、さりげなくサポートしてくれた。
そのおかげもあり、私は店の中で少しずつ居場所を作っていった。

ある時、私は友人の秋山香(仮名)から、バイトを休みたいのでそのことを店長に伝えて欲しいと頼まれた。
ドタキャンになってしまうので、自分の口からは言いにくい。
何かのついでにお願い、と懇願され、断りきれなかった私は、家から店に電話をかけた。
しかし店長は受けつけてくれなかった。
「何で秋山の休みを渡辺が報告してくるんや。緊張せんでもええから、なんでこうなったか、ゆっくり話してみ?」
しどろもどろな私に、店長はこう続けた。
「まあ、渡辺は秋山と仲がええもんな。友情で引き受けてしもたんやろ。けどそれが秋山のためになるか? 店長が今からあいつに電話するわ。自分のことは自分でやれって」
店長の言うことは、正論だった。
私は友人の要求を飲むことで、結局彼女を面倒な立場に追い込んでしまった。
「私が電話します。すみませんでした」
私がそう言うと、店長は少し黙った後、
「渡辺はいっつも謝りよるな。悪いことしとらんのなら、胸はっとれ。渡辺にはええとこ、ようけあるんやから」
笑うように言って、電話を切った。

ツーツーという通信音が鼓膜に響く。
その音に混じって、たった今聞いたばかりの店長の声が、頭の中に渦巻いていた。

いいところがあるって、確かに言われた。
よく似た言葉をかけられたことがある。
あれは、そう。面接の時だ。
私に向かって店長は言った。
「ええんやない?」って。
その瞬間、私は恋に落ちたんだった。

泉の蓋が開くように、思いがこみ上げてきた。

やっぱり、そうだ。私は店長が好きなんだ。

初めて会ったときから、目が合った瞬間から、声を聞いた時から好きだった。
唐突に気づいてしまった恋心に、胸の鼓動がとまらない。
明日から、どんな顔をして店長と接したらいいのか、どんな風に振る舞えばいいのか、全然わからなくて気が遠くなる。
私はテーブルに突っ伏した。

そんな昔話を、35年ぶりに思い出したのは、アニメ「恋は雨上がりのように」を見たからだ。
ファミレスの店長である近藤に「雨はそのうち上がりますよ」と声をかけられ、恋に落ちてしまった17歳のあきら。
挫折を抱えていたあきらには、何気ないその言葉が、心の雨を払う魔法の言葉に聞こえたのだ。

近藤を思い、頬を染めるあきらの姿が、かつての私自身と重なった。
幼少期から男の子達にいじめられ、中学時代は「ミス不細工」のあだ名をつけられ、元々男性が怖かった私にとって、面接でのマネージャーの態度は、過去のトラウマを思い出させるものだった。
可愛らしい制服を着て、仲良しの友人と一緒にカウンターに立つ。
そんな姿を夢見ていた身の程知らずな自分を呪いながら、心の中で泣いていた。

そんな私に店長は「ええんやない?」と言ってくれた。
その言葉が、私には「生きててもいいよ」という意味に聞こえた。
店長は私にとっての近藤だった。
涙の雨を吹き飛ばしてくれる、魔法の言葉を持つ人だった。

17歳の少女が出会った、年上のメンター。
そんなの好きにならない方がおかしい。

恋を自覚した私は、そのパワーを仕事にぶつけることにした。
結果、その夏のシェイク売上が全国トップ10に入り、バイト仲間を仰天させた。

「な? 渡辺にはええとこあるって言うたやろ? こういうところがおもろいんや」

大好きな人に褒められて、私は嬉しさに心臓が止まりそうになった。

春になり、店長はいきなりカウンターに立つ私に向かってこう言った。

「渡辺、店長と結婚せえへんか。次男で家持ち、お買い得やで」
周りには人がいっぱいいたし、いつもの軽口だとわかっていたけれど、心臓が爆発しそうに高鳴って、私はゆでダコみたいに赤くなり、うつむくことしかできなかった。

人生はアニメみたいにうまくいかない。
近藤との恋でトラウマを克服したあきらと違い、私がまともに人と向き合うようになれるのは、まだまだ先の話だった。

著者のことり 渡辺さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。