ネット婚活マジック①娘からの言葉「恋愛、結婚OKよ」」

春が来ると巣立つ、その進路について話し終えた娘が言った。
「ひとりになるんだし、自分のことをしていいよ」
この言葉の意味は、何なのだろう。
私のことは、もういいからお母さんは自分のことをしていいよという優しさなのか。
私にはもうかまわないで、お母さんはお母さんの道を行ってよという遠ざけなのか。
どちらにしても、私は自分のために何をすればよいのかが分からないままパソコンを開くと。
一つの、婚活のサイトの広告と出会った。
そうして、登録を済ませると誰かの足音が聴こえる気がした。
娘が、去ってゆく足音なのか。
誰かが、私へと近づいてくる足音なのか。
分からないまま、熱いものが胸に宿り目の縁を熱く潤ませた。
新しい、何かが始まってゆく。
それだけは、分かっていたはずだった。

著者のりんれいさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。