ネット婚活マジック④家族歴・母は私を憎んで恨んだ

6歳、妹が生まれた。

妹は、目が顔が母にとても似ていた。

母は、妹を溺愛し。

父に顔が似る私を、嫌った。

母方の祖母の家に帰省していた、夏。

母は、自分の母親と妹と話をしていた。

母は、泣いていた。

「結婚をしなければよかった」

「子供なんか生まなければよかった」

「離婚をしようとしたときに、あれがお腹にいたから仕方なく生んだけど」

話の輪の中から、母が睨む、祖母が睨む、叔母が睨む。

甲斐性なしの父、父の悪口から父が早く死ねばいいとなってゆき。

怒りの矛先が、父に顔が似る私へと向いた。

逆上した母が、頬や頭を叩いて玄関から私を突き落とし、
「お前が生まれてなければ、幸せになってたんだよ」
と、怒鳴った。

「出てけ、帰ってくるな。死んで来い」
と、叫びながら靴箱が倒れ掛かり、靴べらは容赦なく頭や頬や肩を打った。

「ごめんなさいと言え。生まれてきて、ごめんなさいと言え」

恐る恐る見上げると、母は本当に悔しそうに泣いていた。

その向こうで、祖母が怒り、叔母が嗤っていた。

その日から、私は家の女中になった。

小間使いとして料理をし、洗濯をし、掃除をし。

子守として、小学校にいる時間の他は妹を育てることになった。

母は、妹を溺愛し、私を嫌って恨んで憎んでいた。

憎み続けた。

今でも、私は母に抱きしめられた温もりや感触を知らない。

優しい笑顔も、声もまったくに知らないでいる。

著者のりんれいさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。