カッチィ〜ん!とくる、その言葉

仕事でクソ忙しい時に、

「これが出来てません。」
「あれが出来てません。」
挙げ句の果てに「マニュアルちゃんと見ましたかぁ〜〜??」と、
ちょっと馬鹿にしたあの言い方。

鬼のように仕事をこなしているつもりの自分に向かって
この様な言葉を投げかけられると、正直非常にムカつく。

頭にきてしまい、愚痴でも言おうものなら
「何が忙しいんですか?どうして忙しいんですか?」と、
又また現場を知らない奴の言葉に
輪をかけて頭に血がのぼる。
噴火して火傷すんじゃないかってくらいに爆発寸前。

仕事って予定通りなんて進まないじゃん。
スケジュール組んでこなせば問題ないと思うなよ!
イレギュラーな事ばかりで、クレーム対応にどんだけ時間と労力かかってるか知ってんのか?あ?
マニュアル見てゆっくりできる状況じゃないのが現場だと知れよ!
と、こころのなかでつぶやく。
だが、この辺りから笑いが出てくる。自分が短気になっている事と、現場を知らなすぎる上役と、軽蔑心バリバリのふざけたお前に。

結局、カチンと来るってことは、言われない様にしてしまえばいいだけで、一々ムカつく必要など無い。のに、一々引っかかってるってことは、こちら側に問題があるのだろう。

なんで無性にムカつくんだろうと考えた。

忙しさに翻弄され、自分を見失ってワガママになっていたんだ。
相手から見れば、マニュアルに書いてあるじゃんと思ってるし、ちゃんと見ないあんたが悪いとしか思ってないだろう。

・・・たしかに。

分かってもらえない立場に立たされるのも、
カチンとくるのも、忙しいのも、
そんな環境で生活する事を許している自分がいる訳だ。

私は悪くないと思いたいところだが、実は自分でつくり出したもの。

あれが嫌。これが嫌。
文句言ってる暇があったらサッサと片付けてしまおう。
そしてふざけた事を抜かす貴様に、二度とふざけた事を言わせないくらいになってやる。見てろよ馬鹿野郎。

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。