『正された正しさ』

少し大きなった頃  

大人に勉強ってのを教わるところに通っていたんだ。

こんな大人になるんだ。これができる大人が正しいんだ。これをしてるやつが正しいんだ。ちゃんとしてるやつが正しいんだ。。

なんてのを詰め込まれているようなきがした。

ちゃんと??

 

僕の将来の理想は間違いなく父さんだった。

僕の父さんはかっこいい

とてもカッコいい「犬」なんだ。

とてもかっこいいおまわりさんなんだ。

 

僕も将来かっこいい犬になって颯爽と走り抜けるんだ〜

って話すと。何故か周りの大人たちは僕をせめた。

パンダの父が犬だから??

友達との喧嘩もいつもいつも僕が責められた。僕だけが悪いの??

そー感じてた。

そんな僕を

両親は優しく優しく包んでくれた。

やりたいことは精一杯して、やりたくないことはやらなくてよかった。

僕がせめられる理由。僕が守られる理由。

この時そんなことを知る由もなかった。

僕がただ感じたのは、、

みんなが正しいというものが、本当に正しいとは限らないんだ

ってこと

著者の笹パンダしゃちょうさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。