こんな日は母を想う

今日は少し寒くて
ペットボトルのあったかいほうじ茶を飲んだら
たぶん水筒の記憶なんやろうけど
いろんな思い出が……
ほうじ茶はお母さんの優しさの味

家に帰ってから
いつも通り、昔好きだった曲をずっと聴いてるけど今日はなんか

この世の全てが永久不変なら
人は、過ぎた時間やなくしたものを慈しみはしないだろうし
ある程度の孤独が常になければ
きっとこの世の名作たるものは生まれていない

よかったころ、というのは
決して幸せばかりではなく
あのころの悩みすら懐かしい、そういう時代をさす気がします

そしてもう、戻れない時間があることを思い知らせてくれる
生涯のギフト

そのときそのときにしかないことで人生はできている

いまの悩みもいまだけならば、
さあ愛おしんでやろうじゃないか

著者のakiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。