もしも読んでくださっている人がいたら

暗い気持ちにさせていますよね。

すみません。。
なぐりがきで、文章もめちゃめちゃで、お恥ずかしいかぎりですが
あえてそのままを綴っています。

そして「母との最期の時間」を書くために始めたはずが、
話があちこち…ゴールが行方不明になっています。笑
人の生、人の死って、どこまでなんでしょうね。

たとえば母の死後、私が一番悲しい瞬間は
「甥っ子を愛おしいと思ったとき」です。

こんなにかわいい孫に会えなかった母がかわいそうで、
あんなに優しい祖母に会えない甥っ子がかわいそうで、
「おばあちゃん」がもう死んでしまって、この世にいないことを分かっている甥っ子がいじらしくて切ない。

死んだときよりも、
会えないことよりも、
一番悲しいのはその瞬間。

そんなことを考え出すと、
母の死は今も続いている。
悲しみをひきずっているというわけではなくて。

母に関わる人に、これからもずっと影響していくものなのですよね。

でも、それはつまり「母が生きている」ということ。

うーん
何が言いたいか分からなくなってきましたが、
ちゃんとどこかにゴールを見つけて書いていきます。

もし読んでくださっている方がいたら、
ありがとうございますという気持ちです。

著者のakiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。