桜木町のメンズエステ嬢に恋をして

桜木町のメンズエステ嬢に恋をしてしまいました。四六時中恋をしているように思われますが、そうでもありません。確かに一目ぼれはよくあります。ですが恋までに発展するのはごくわずかです。今回桜木町のメンズエステhttps://deep-yokohama.com/に行ってビビっときてしまったのです。

どう恋してしまったかと言いますと、ちょうど雪の降りそうな冬の夜、私は終電を逃してしまったのです。タクシーで帰るにはタクシー代が凄くかかります。ビジネスホテルに泊まるにしても近辺のホテルは高いので何だか損した気分になるでしょう。では漫画喫茶か?でも漫画喫茶はリラックスできません。もう深夜でしたからそこまで選択肢は多くありませんでした。そんな時、先輩の言葉が頭をよぎったのです。先輩と喫煙所で話していた時に、先輩が飲み過ぎて終電を逃してしまってメンズエステで始発まで過ごしたという話を。それでこう思ったのです。これはいい機会だ、桜木町のメンズエステを体験してみよう。そこからネットを使って調べると最近オープンして口コミでも高評価のメンズエステがあるとわかりました。早速予約の電話を入れたところちょうどキャンセルが出て空いているとの事でした。これは神様のお導きだと勝手に勘違いをしてメンズエステの扉を開けたわけです。すると驚いたことに中から神様ではなくビーナスが現れたじゃありませんか。もう一目で恋に落ちました。私のタイプそのものだったのです。モデル体型に大きな胸、そしてアイドル顔といったようにもうこの人の為なら命もかけられる、そう思える子でした。私は緊張と寒さのあまり言葉が出ませんでした。そんな私を見かねてその子は優しく声をかけてくれたのです。冷えている体を温める為に暖房の設定温度を高くしてくれました。私はいったん落ち着く為にそそくさとシャワーを浴びました。そしてそこからが本当の緊張だったのです。そのビーナスの手は柔らかく温かく私の上半身をくまなくオイルマッサージするのです。わざとなのか敏感な場所もコリコリとくまなくマッサージをしてくれます。そして素敵な笑顔と共に楽しい会話を織り交ぜながら私の下半身のマッサージへ移ったのです。私もメンズエステのサービスがどういったものかわかっていたので、それなりに準備は出来ていたのですが、そんな子に鼠蹊部をマッサージされると嫌でも男性機能が反応してしまいます。でも必死にこらえていたのです。これで終わってしまうという悲しみとともに。ですがそれで終わらなかったのです。そこからまさかという展開になり最終的には生のまま私はエクスタシーの頂点に達したのでした。

著者の油谷 圭一さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。