Let’s be the first penguin!

1 / 2 ページ

ファーストペンギンになれ!

海に飛び込まないと エサが取れないんだけれど、怖くて尻込みしてしまう。だって、 海の中には自分を食べてしまう恐ろしいシャチやオットセイがいるんだもん・・・。

みんなが、どうしようか思案している中に、1羽だけ勇気のある奴がいた。そいつが飛び込むと、次々と飛び込み始めた。

そんな勇気ある「最初のペンギンになろう!」って、まずは子どもたちに伝えたい。

私の生き方の原点に、そういう気持ちがあります。

そして、物事を決める時の判断基準は「楽しいか、楽しくないか」。楽しいことがいくつもあるときは、その中で一番「大変そうなこと」を選ぶようにしています。



◇◇ 未来予想図 ◇◇

「これから先、どんな未来になるか」ということを、まずは一緒に考えてみましょう。

たぶん皆さんもご存じだろうと思いますが、数年前から、いろいろなことろで引用されている、象徴的な数字が3つあります。

1つめ、「65%」

これは、米デューク大学の研究者であるキャシー・デビッドソン氏が、2011年8月のニューヨークタイムズ紙インタビューで語った言葉に由来します。

「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」

現在の中学校2年生に相当する子どもたちということになりますが、その65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろうというものです。言い換えれば、今、この世に存在しない仕事が半分以上新しくできる、ということです。

「将来、何になりたいの?」と尋ねた時、65%の子どもが言えなくても当たりまえ・・・ということなのかもしれません。

2つめ、「47%」

これは、英オックスフォード大学でAIなどの研究を行うマイケル・A・オズボーン氏が、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した『雇用の未来 — コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文に中に出てくる数字です。

10〜20年後に自動化され、なくなる仕事がこれだけあるという予測で、現在ある仕事の半分がなくなるわけです。

実際、どんな仕事がなくなるの?というと、翻訳家、証券マン、生命保険の勧誘、レジ係、学校の教員?! ・・・と言われています。

えっ? じゃあ、その仕事は誰がやってくれるの? ・・・というと、ロボットがいるじゃない、人工知能があるじゃない、となるわけです。

最後に、「3人に1人」

今後の人口動態予測を見ると、高齢化がどんどん進み、 2030年は3人に1人が65歳以上になります。こんな世の中、 かつて日本では経験がなかったことです。反対に、生産年齢人口や子どもたちの数はどんどん減少し、このままでは日本が立ち行かなくなる。そういう予測が、統計から導き出されています。

さて、ここで皆さんに質問です。

自分の知らないこと、新しいことを提示されたとき、どんな反応をされますか?

「無理だ、できない」と思いますか?
それとも「おもしろそうだ、やってみよう」と思いますか?

それが良いことか悪いこととかは別にして、「これ無理やし、 やめといたほうがいいよ」と考えるのが《20世紀型人間》。20世紀に学校で学んだ人は十中八九、そう考えるそうです。

誰しも、自分が予期せぬことを言われたら、「あ、ちょっと待って。それ無理!」と考えるでしょう。ですが、「そりゃ、新しいことを言われたら、わからんのは当たり前」と気楽に考えれば、 必ずしも否定だけが答えではないかもしれません。

そして、「わかった! 面白そうやん! やってみようや!」の方が、絶対に楽しいし、新しいものを生み出せます。「この部分は無理かもね」って、《無理》を口にするなら、後でいいと思うのです。

私たち大人(=20世紀型の人間)は、心をできるだけオープンにして、相手の言ったことを、まず受け入れるという姿勢を持ちたいです。そうでないと、 21世紀の子どもたちに向かって何かをしようとする時、なかなか辛いだろうな、ストレスがかかっちゃうだろうな、と思います。



◇◇ 教育が変わる ◇◇

学校の多くは、公立私立問わず「一生懸命頑張れば、どんどん世の中が良くなっていく」そんな時代に作られたシステムが基本になっています。

一生懸命コツコツとやり続けられることを良しとして、そういう子どもを なるべくたくさん育てよう・・・と考え、作られたシステムです。

ですが、そんな時代はもうとっくに終わっています。

そのことは誰もが気づいていますし、国だってとっくに気づき、対応しようとしています。画一、均一のなかで、一定水準のものを作っていく時代ではないということは、もはや疑う余地はありません。

また、2020年度から、今の大学入試センター試験にかわって、新たな入試制度が導入されることは、皆さんもよくご存知のことだと思います。いろいろ迷走している部分はありますが、教科書の内容を記憶し、試験で時間内にどれだけ正確に吐き出せるかといった力だけで、合否を判断するわけではありません。

偏差値に一喜一憂するような教育ではダメだということを、大学入試を変えることによって形にしようとしているわけです。現在の学校教育に対して、大きな警鐘が鳴らされているということを、私たちはもっと考えなければなりません。

今、学校で育成すべき「21世紀型スキル」は、この3つだといわれています。

1. Information and communication skills
(情報・メディアリテラシー、コミュニケーション力)

2. Thinking and Problem-solving skills
(分析力、 問題発見・解決力、創造力)

3. Interpersonal and self-directional skills
(協働力、自己規律力、責任感・協調性、社会的責任)

私たちが取り組むべきは、正解のない「問い」へのアプローチであり、児童生徒に身につけさせるべき力は「課題解決に向けて協働する力」「自分の考えを表現する力」「クリエイティブな思考力」なのです。



◇◇ 学校はどんな場所か ◇◇

このような教育改革の渦中にあって、いくつもの学校がその対応を進めています。ですが、まだまだ旧態依然としたところが多いのも事実です。

言われたことだけをやるような人ではなく、そのなかでにやりたくないことや疑問を感じたら、それを課題と捉え、その解決方法を考える。そして、実行する。

学校で育てるべきは、そんな子どもたちです。

先生が前に立って、「教科書、何ページを開きなさい!」「ここを覚えるのよ!」っていうような授業で、そんな子どもが育つはずありません。

また、学校って《育つ場》なんだから、子どもたちにはどんどん失敗をしてほしいと思っています。

学校って失敗が許される場所だから、たくさん失敗した方がいいやん! その方がいっぱい学べるぞ・・・って。

先生たちには、そう子どもに声をかけてあげてほしいと思っています。

また、私たち大人って、よくこんなことを言いますよね。100点満点のテストを作りました。「あなた、60点やったでしょ。あと40点分、頑張りなさい!」。 

いやいや、 その子は60点でも自分なりにすごく頑張ったかも知れません。でも、100満点のテストは、みんな100点取らなあかん、と。

でも、それって誰が決めたんですか? 一生懸命頑張って60点とったら、褒めてあげないといけないんじゃないんですか。

「100点満点のテストは、 100点取らなあかん、 あと40点分頑張らなあかん」って、 すぐそんな「足りない」部分に目を向けてしまう。でも、そんなことばかりやっていては、頑張ろうって気は起きないですよね。

なので、その子の弱みをなんとかするよりも、その子の持っている良いところをどんどん伸ばすということにフォーカスした方が絶対にいいんです。

先ほど述べた「課題解決に向けて協働する力」「自分の考えを表現する力」「クリエイティブな思考力」は、そういう中で育まれていくものです。

それなのに、学校ではそういうトーンになりづらい雰囲気があります。わかっているんだけれども、なかなかそれができない。それが現実です。

著者の安居 長敏さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。