ベーシックインカムで生きる

今日の恵まれストーリー

ベーシックインカムで生きてる私

私が健康に生きるために必要なものを現物支給していただき、私は会社の事務をさせていただき、生きてます。

私はお金を、多分自分の為にも人の為にも上手に使えない。
過去に働いて貯めたお金がまとまってあったときもあったけど、離婚した元々夫の元に置いてきた。

実家から結婚(再婚)するときに使いなさいと言われていたまとまったお金も、ほぼ全部、元夫の借金返済に使った。

なんてこった。

二度目の離婚が急に決まり、一文なしからの、サロンに住まわせてとお願いしたものの、外で働く気もなく、
家賃が払えない分、ひたすら会社の事務をして罪償い?!みたいな勢いだから、
どこまでやっても「できてない感」「役立たず感」


ボスはすべて許し、無償の愛で誰とでも接するので、私のことも前からそのつもりでいてくれたのだと思うけど、私がその恩恵を受け入れられてなかった。

ベーシックインカム
私のためにあるのかと思えるぐらい、
有難い。

給料をお金で払うのではなく、
その人が健康で生きて人に役立つのに必要なものを
現物支給するやり方。

新しい、今どきの、これからの生き方をさせてもらっている私、恵まれてます!!

ありがとうございます\(^o^)/

さてさて明日はどんな恵まれストーリー?!

恵まれ屋
あかいちよえ

著者のChiyoe Akaiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。