リストカッター母になる。

春のことだ。

37歳になって、とうとう母を捨てた。
捨てたと言っても、また気まぐれにLINEが着たら、絵文字やスタンプなしの返信をする余地くらいはあるだろうが。。。
それでも、娘としての優しさや労りは心の生ゴミBOXに破棄した。
基本的に散る桜と一緒に母は死んだと思うのだ。
簡単なことだ、、、
私と私の家族、特に娘との日常を守るために、過去をもう振り返らない。

育児を誤ればいつか子供は離れていき、孫の顔は見ることができないかもしれない。
私は自身の母親のようにならないぞ!
そうだ、世の中にはプレママがひしめいて、点を取り合っているではないか。
これは一般的な家庭に生まれなかった私の、育児という名の戦いなのだ。
どうせなら記録してしまおう。

複雑極まりない環境に育った私は、幼少期から片頭痛に悩み、思春期ごろから軽く狂った。価値0と泣いた。
私の肢体には無数の切り傷がある。
カッターでつけたものだ。
血が流れるほど切ると痛くて、生きている気がしたから、自分が無能だから、誰かに止めてほしかったから、ただ暇だったから…
そんなこんなでネガティブでメンヘラ(←この言葉はあまり好きではないが、みんなにはわかりやすいだろう)な反面もあるが、今までなんとか生きてこられたの理由、それは根本は非常に明るいからだろう。
そして33歳で母になった。
神さまは実に残酷で、子供は娘だった。
子供ができて、ぐるぐるの精神が少しは楽になるかと思いきや、私はさらに迷路に入ってしまうことになった。
わからない、ママってなに?
わからない、子供の接し方。
わからない、こんなに泣いてるのに叩いちゃダメなんだってさ。

教えてほしい、だれか私に。
そう這って歩くように頑張った、頑張っている毎日だ。





 

著者のYuka Iwataさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。