愚の骨頂

組織の力を持つ人と繋がっているんだ!と、

勘違いしている奴って

かなり傲慢なオーラを放っておる。


俺様

私様

って雰囲気ガンガンやし ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )


でょ、考えも行動も態度もすべて横柄。


何でかっていうと、

組織長のお気に入りである自分は、

長と同じことをしても


「許される」


と、お門違いな考えだから。


馬鹿さ加減満載(笑笑)




これは、

「自分の居場所」を

自分の世界だけで

作り上げているから出来る


「技」


みたいなもの。



人間は産まれて

母親から孤立して

「個」を

意識しだすと、

途端に不安も抱くようになる。


何とかして自分との繋がりを求めたり、

自分の居場所を探そうとする。

組織長に気に入られていると

勘違いしているのも

結局は、

親から愛情をもらいたい

心理から来ているに過ぎない。



何をしても許されるという

作り上げた愚かな心理が

軽蔑心も同時に育成し、

方向性のおかしな人間性が

出来上がる訳だ。




方向性の間違った人間性は、

周りから見ていても

滑稽で愚かだ。


しかし、本人は大真面目。


しかも勝手に

「安心」まで取り込んでいるから凄い。



プラシーボ効果で、

信じる力の凄さを

愚かな心理状態な奴らが

見せてくれていると考えると、

逆転換して用いれば

確実にプラスに働くということがわかる。



我々は、


世間のくっだらない組織ではなく、


もっと抽象度の高い視野で


繋がっているんだと


知ることができる。



愚かさと賢明さ。


表裏一体であることも又事実なんだ。


著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。