世界最高のリベンジNo5,パパのパスワードは1248だよ!娘が言った。

~~~~ ドキドキが止まらない~~~~~

そして、ついについに、その夜がやってきた。

その夜、ラゴンは飲みに出かけ、帰ってきた時は泥酔、直ぐに寝た。

よしよし!

ラゴンの携帯はダブルベッドの上。(ちなみに私達の部屋・寝室は別)

爆睡するのを待って、そ~とドアを開けた。

泥酔したラゴンの寝息を確認した。

よっしゃ! 静かにガッツポーズをした。

完璧に爆睡している。

問題は携帯がある場所。

あんな有り様でも充電はしてて、顔の横10cm程の壁際。

ちかっ!!

ようするに、

携帯をGETするには。ラゴンの体を乗り越えた所、それも充電器を外さなければいけない。

かなりの難関・・・💦

でも絶対に失敗は出来ない。

ベットの傍まで、息をひそめ音が出ないように近づいた。

いきなり目が開いたらどうしよう・・。

心臓がバクバクして、何だか悪い事をしているような緊張感で上手く動けない。

息をひそめ忍者みたいに、足元から中腰姿勢で近づいた。、

ジリジリと頭の方に行き、ラゴンの肩側からそ~~と、

反対側の携帯に手をのばした。

その時、ラゴンの寝息がピタッと止まった。

著者の花蓮 上野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。