世界最高のリベンジNo6,パパのパスワードは1248だよ!ある日娘が言った。

アイホンまで後少しと思った瞬間。

ラゴンの寝息が止まった。

「しまった! 起きる💦💦」と

身構えたけれど、少し動いただけで何とかそのまま寝た。

「ふぅー。何とかセーフ・・・。」

慎重にベッドに膝を載せて、ラゴンの体の反対側に手を伸ばした。


ドキドキ・・・ 心臓が止まりそう・・・


そして、やっとアイホンを持って慎重に充電器を外した。


この不安定な体制で、アイホンを握りしめ、

ベットの揺れが最小限に抑えられるように

そ~~とそっとその場を離れ、

何故か後ずさりしながらラゴンの部屋を出た。



よーーーし! 遂にやったぞ。


後は、娘に教えてもらったパスワードを打ち込み、中を見るだけ!


お風呂もトイレも食事中も、常に持ち歩くラゴンの携帯は、

ロック画面でさえも初めて見る画面だった。

著者の花蓮 上野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。