コイツ終わってんな思う瞬間

口を開けば自分の話ばかり

ピーチクパーチク

まぁ、よ~しゃべりよる。


他人に対して、偉そうな事口にしてる割に

本人目の前にしたら

当たり障りのないことしか

言えない奴。


感謝を知らんから

幼稚園児でも言える

「ありがとう」も

よー言わんしょ。


そのくせちょっとなんかしたら

「したったで」オーラ出しやがる。


結局褒めて欲しいんかいっ!




と、まあ幼稚な癖に

中身腐った大人ばっか。



そんなおバカさんを見たら

幼稚園児に喋るように

「しゅごいねぇ~」

「よくできましたねぇ」と

一杯褒めてやる。


バカだから本気にしてるし笑笑



こうやって自分も扱われて

ちょっとずつ成長できたんやろな・・・


自分もバカやったからなぁ

周りから

「こいつ終わってんな」

って思われてたんやろな。


今、人を見てそーおもう( ^ω^ )

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。