インスタと自分

ついこの前、インスタグラムを開いた。

正直、自分はその類のsnsを使うような人種ではない。
それでも、開いてしまうのは何故だろうか?
他人のことがどこかで気になっているのであろうか?
それとも、良い暇つぶしになるとでも思っていたのであろうか?
溢れるライク、賑やかそうな写真、キラキラしている人たち、、、。
特に何も上げるものもない自分と違い、矢継ぎ早に投稿を繰り返し、イイねとコメントをかっさらっていく。

なんと器用なものか!

その写真や動画からあふれる輝きは光子とともに、自分の目や心を容赦なく突きに来る。 

そんなとき、私はふと思うのだ。彼らは私の知らない世界を知っているのだと。

自分の知らない世界を知っている。その事実に対して、私の心は嫉妬、羨望、恐らくそういったある種の感情が心の中を渦巻くのである。

自分が何かから取り残された、どこかにポツンと立ってしまっている、そんな感覚と言ったほうが正確かもしれない。

その悲しさ、虚しさたるもののやり場に困っている。ありのままの自分をインスタグラムにぶつけてしまおうか?

そんなことをしても皆が華麗にスルーすることは目に見えている。自分の反抗は周りから異議とすら認めてもらえない。

こうなってくると、もはや自分は社会に所属しているのかどうかすら、はっきりしなくなる。





著者の佐々木 惇さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。