凄いタイミングに恵まれたストーリー

予定変更して出かけることにした。

なぜなら、ある人に電話した流れから、今日その人に会いに行くことにした。話は早くつける方がいい。
別件で、トルコランプ作品の完成の連絡を入れたお客様が、今日の15時以降に取りに来ると返事。
そのメールをしたスタッフは、え?今日?!どうしよう、明日以降手書き忘れた!と慌てふためく。
私、そちらの方向へこれから出るから、お客様が取りに来る店まで持っていくよ!とでかけた。
店についたら紳士がお二人鯖そうめんを召し上がられていて、パンフレットがほしいと言われ、部数が足りないので、後日送る段取りを話してたら、送り先にと名刺を出され、なんと旅行会社さん!
来月ツアーでお客様連れてくるとおっしゃる。うちで鯖そうめんのお弁当できます!と営業!!
営業させてもらえたチャンスに恵まれた!!
どう転ぶかわからないけどやれることやる。
ありがとう!!
ミッション&パッションの営業担当
あかいちよえ

著者のChiyoe Akaiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。