ネット婚活マジック⑯おめでとうの花束

夜のアーケードで、アロマを置いてもらっているネパールのお店のコックさんと出会う。

「1件、リニューアル。6月オープンです」

そのときは、お祝いに新しい香りを持ってゆきますと。

オープンを前に、お祝いの握手をした。


少し進むと、いつものアコーディオン弾きが一人から二人になっていた。

フラメンコの音楽を、聴く。

「次の日曜日の演奏会のチケットは完売で、次は10月になるんです」

10月、行ってみようかなと思った。先ずは、お祝いの拍手を贈る。


少し進むと、タロットの占い師が台の向こうから。

NHKの、のど自慢が控えていると言う。

「土曜が予選で、日曜が本選。出るなら、勝ちにゆきますよ」

予選選出に、おめでとう。テレビ、観ますねと握手をした。


コンビニエンスストアに入ると、赤と緑が映った。

それは、トマトの赤とキュウリの緑だった。

「念願の、野菜売り場ができたんです」

トマトとキュウリを、レジかごに入れた。


世の中は、ミステリアスとサバイバルに満ちながら。

こんなにも、喜びと期待と笑顔が溢れていて。


おめでとうの花束を渡しながら、旅をしているようだった。

幸せへの乗車券を受け取りながら、旅をしているようだった。

著者のりんれいさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。