輝く瞳の国スリランカで日本語講師に!?

こんにちは。世界一周後、チアリーダーや講師として活動しているMONAです!!夢は自分が生きている間にこの世界から人が作り出す戦争や飢餓をなくしたいと思っています。

さて!!

この度スリランカにて約10日間日本語教師をしてきました。
本当に素晴らしい経験で、是非日本の皆さんにも知ってほしいと思ったのでブログに残しま^_^

どんなところなの!?

私が行った場所は
「スプートニク国際教育学院日本語センター」という場所です
http://sputnik-international.jp/

この場所はわたしがユニセフの活動をしている時に、ここの設立に大きく関わった日本人の方とお会いしたことがきっかけで知りました。

私が訪れた時は4クラス約60名の生徒さんが通っていました。

スプートニクでは、月曜日から金曜日まで、9時から3時の間みっちり日本語を勉強します。

その後の進路としては、日本にある大学とも提携しているので、頑張れば、本人が希望すれば卒業後は日本の大学に入るための試験を受けることもできます。

また、ガールズホームも運営しており、そのホームには、5歳から18歳の女の子が現在約20名暮らしています。

この事を聞いて、ガールズホームの女の子達と触れ合いたい!日本語を教えるという事を通じてスリランカの方と深く触れ合いたいと思い、その日本人の方にお願いをして現地と繋げてくださり、渡航しました。

滞在中何をしたの!?

 9時から3時はスプートニクにて日本語を教えたり、先生と日本語の教え方について話し合ったりしました。そして、3時以降はガールズホームにて女の子たちと折り紙やお絵かき、鬼ごっこやおしゃれごっこをしたり、お勉強を教えたりして過ごしました。毎日が本当に濃かった!!!3ヶ月くらいいた気分です!笑

初日、全クラスを案内させてもらいました。

自己紹介をし合い、その後先生方のご厚意で、学院近くにある大きな湖に2クラスの生徒が連れて行ってくれました。

スリランカの歌を歌ってくれたり、突然来たわたしを直ぐに受け入れてくれてとても歓迎してくれたのが嬉しかったです!

みんな本当にフレンドリー。初日とは思えないくらいに、みなさんとたくさんたくさん交流させていただきました!

二日目からは先生方とご相談しながらクラスに入らさせていただき、日本語を教えました。

主に漢字や、お互いのことについての会話、文法の使い方についてを教えました。


みんなとても真剣です!発音や漢字を書くのもとてもじょうず!!

また、8名の学生さんが日本の大学に行くための試験を受ける日、模擬面接をしたりもしました。

志望動機も日本語でしっかり話せて素晴らしいです!!中には、日本の津波の被害を知って、日本で危機管理学を学んで、日本の困っている人を助けたいとおっしゃっている生徒さんもいらして、感動しました。スリランカでも、2004年にスマトラ沖地震があり、約35,000人の方が命を落とされましたから、こころ優しい彼は日本で学んだ後、スリランカでも重宝されるでしょう。
スプートニクでは、日本の大学とも提携をも住んでいるため、希望すれば日本の大学に入るための試験を受けることもできるのです。絶大な信頼がある証ですね。

ペーパーテスト、オンライン面接直後の生徒さん!!みんなお疲れ様でした!!日本で、頑張ってね!!

そして、アジア架け橋プロジェクトという、アジアで日本語を勉強している高校生を10ヶ月間日本に招くプログラムがあるのですが、スリランカからは8名の高校生が選抜され、スプートニクは協力パートナー団体として、彼らが日本へ行くまでのプログラムを行なっていました。私が訪問した時は、まさにそのプログラムの真っ最中!!

私は彼らに国を代表して他国に行く時の心構えを少しだけお伝えさせていただきました。あなた一人の行動言動が、日本人にとってのスリランカの印象を決める。自分に出会ったことで、異国の目の前の人が自分の国のことを好きになってもらえるように。私が、いつも心がけていることです。

チアリーディングを教えたりもしました。

相手を思いやるチアリーディングスピリットは全世界の人にとっても、大切な心構えだと思うのです!楽しそうにしてくれてよかった♡

30ページ以上に及ぶ日本について調べた本も各自が作っていて、こんなにしっかりと日本の歴史や文化、マナー、カルチャー、経済などを事前に調べてまとめている彼らに頭が上がりません。

また、滞在中の土曜日、自国スリランカについてを知るプログラムにもいっしょに参加させていただき、遺跡や、世界遺産であるシーギリアロックにも一緒に行かせていただきました♡

いままで、世界のいろんな世界遺産に訪れてきたけど、シーギリアロック!!凄かったーーー!!登るのは足が震えるほど怖かったー!!

歴史のロマンを感じるとともに、自国の過去の素晴らしい技術や伝統が、植民地支配によって無くなってしまう現状に涙が出そうでした。彼らと一緒にスリランカの歴史や文化を深く学べたことに感謝です

私世界ニックネームがMONAなのですが、この日そのシンボルのタオルを忘れ、世界遺産にまで来て忘れた事実に激しく落胆していたら、なんとみんなが人文字でMONAを作ってくれました。涙。

夜は一緒にお泊まりして、日本食の親子丼とお好み焼きを一緒に作りました!!初めて作る日本食に興味津々!!

みんなできれいに箸を使って一緒に食べました。日本に行ったら、日々の勉強をたくさんしながら、ぜひたくさんのお友達を作って、料理をしたり、お互いの文化についてを話し合ったり、恋話などをしたりして、楽しい時間を過ごしてね。みんなと過ごせて、とーーーても楽しかったです!!素敵な出会いに感謝。ありがとう。

世界の教育に大変関心のある私のために、スプートニクの学園長さんの計らいで、公立の中学校や、私立のインターナショナルスクールにも訪問させていただく機会もいただきました。

中学校では生徒の皆さんに日本について興味をもってもらうためのお話や夢の叶え方のお話をさせてもらいました。

お話聞いてくださっているときのこの笑顔が嬉しい!

インターナショナルスクールでは日本文化の紹介として、英語で折り紙の作り方やチアリーディングを教えました。

園児なんと900人!!!生徒さんのキラキラな瞳が頭から離れません!!

このような機会をいただけたのも、このスプートニクが地域からの深い信頼があってこそなのでしょう。素晴らしい機会をいただき感動でした。

最終日間近には全学園の生徒さん、先生方に、私が世界一周した経験や、使命を持つことの大切さなどのお話をさせていただく機会もいただきました。
私は弟が世界に5人といない難病をもっており、心臓も3回止まったことある弟ですが、日々を一生懸命生きる弟から生きることの大切さを学んでいます。だから私の指名は命の大切さを伝えること。だからこの世から人の命を奪う戦争や飢餓を無くしたいと思っている。それを「伝える」ということを通じて貢献したいと思っている。
全ての人がこの地球に生まれた意味が必ずあるから、それを見出して、たくさん勉強して自分の手で可能性を広げて行くことで、それに向かって力強く歩んで欲しい。

そんなお話をしました。

涙涙の最終日。これからもたくさんたくさん勉強して、夢を叶えて、指名を全うしてください。一人一人との出会いが、宝物。心から、ありがとう。

どんな生徒さん達なの!?

学園のどの学生さんも、「日本で勉強して、日本で働きたい」と力強く夢を語ってくれました。年は18歳から28歳くらいが多い印象でしたが、50代くらいの方もいらっしゃいました。彼らは、物凄く日本に対して憧れを抱いてくれています。イチ日本市民として、彼らが日本に来てがっかりさせてはいけない、安全で平和な日本を保ち続けなければいけないと感じました。

どんな先生方が教えているの!?

2019年当時で10名ほどのスリランカ人の先生と1名の日本人の先生方がいらっしゃいます。どの先生も日本語が大変流暢です。日本へ行ったことのある先生がほとんどでした。教え方も生徒思いでとても分かりやすいです。学院長の方は、スリランカで学位、日本で修士、オーストラリアで博士をとられた物凄く優秀な方です。スリランカの発展の為にと、生徒にもガールズ達にも、先生方にも深い愛情で接し、様々な工夫を凝らしながら学園を運営されています。

また、万能なコーディネーターの方がいらっしゃり、私は彼女のおかげで安心安全にスリランカ滞在ができました。


場所はどこ!?

スリランカのクルネーガラ(kurunegala)という場所にあります。

コロンボの空港から送迎もしてくれるので、訪問する際は送迎をお願いする事を強くお勧めします。4000円程です!私もお願いして迎えに来てくれました。コロンボ空港はWi-Fiがあるので、待ち合わせもスムーズです!!

バスを使う場合はコロンボのバスターミナルからクルネーガラバスターミナルまで行き、その後トゥクトゥクに15分ほど乗れば着きます^_^

住所:Negombo Road,Gepallawa,Uhumeey,Kurunegala,Sri Lanka

どこに泊まるの!?

ガールズホームのとなりに野尻ホームという宿泊ができる場所があります!私もそこに泊まりました。一泊三食付で2500円です!wifiも完備されています!!お庭付でとてもきれいなお家です

何より周りの田園風景がため息が出るほど綺麗なので、是非一度皆さんにも泊まっていただきたい!!

朝と夜はガールズホームで、昼は学園でいただきました。毎食ローカルな美味しいスリランカ料理が食べられて幸せでした♡


ガールズホームについて

私が泊まっていたお家の隣に、ガールズホームはあります。
緑いっぱいの敷地の中に大きなお家。シルバニアファミリーに出てくる赤い屋根の大きなお家が思い浮かばれます。
日本語学校が終わった後で、私はガールズホームで毎日1、2時間ガールズ達と過ごさせていただいていました。みんなここで寝起きをしながら、学校に行き、勉強をしたり、お庭で遊んだり、お絵かきをして遊んだりしています。私が行くといつも駆け寄って来てくれて本当に可愛かった!!!

みんな絵がとても上手!!!

子供が大好きな私にとっては、1日のうちで一番至福の時間でした。あなた達に会いたかった!!心からそう思いました。
毎日を強く強く笑顔で生きているあなた達に私の方が励まされました。

頻繁に、近所の方々が、ご飯をもって来てくれたりします。また自分の子供の誕生日にはケーキを持ってガールズホームに訪れ、ガールズ達と一緒にお祝いをしてケーキを食べたり、ガールズ達に勉強道具や生活道具をプレゼントしたりします。

この日誕生日の女の子と近所の子供達

地域に開けた場所で、そのような関わり方がとても素敵だと思いました。地域の関わりが薄れて来てしまっている日本が学ぶべきことだと思いました。

最終日には、日本語でお手紙を描いてくれました。宝物にします!!!

最後に

スリランカは、目が合えば優しく手を合わせて微笑んでくれ、優しく話しかけてくれて、日本を心から愛してくれる親日家の方で溢れている場所です。自然も豊かで、山あり海あり。


また、生活の全てがアーユルベーダーのように感じ、口に入るもの、体につけるものは100パーセントナチュラルのものが多く、肌も髪も自然とツヤツヤになり、毎日美味しくご飯をいただいても、帰国後は体重が落ちていました。心身ともに健康になった気がします。

そんな素敵な国スリランカ

日本語を教えるという経験をすることができて、可愛い可愛いガールズ達とも触れ合え、きれいな大きなお家に泊まりながら美味しいご飯をお腹いっぱい食べ、穏やかで優しいスリランカの地元の方とも触れ合えて本当に幸せな滞在でした!!!それもこれも、スプートニクのおかげです。


スリランカに行ってスプートニクで日本語教えてみたい!!ガールズ達と触れ合ってみたい!!という方がいらっしゃいましたらコメント欄等にご連絡ください!!お繋ぎできればと思います。

心からありがとう。スリランカ。アユボワン!!


著者の松本 真奈美さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。