作文

入試前の中3男子。

作文の提出をするまで
塾の自習室に残して
作文をさせていた。

集中力も途切れ、
たまにフラフラと出てきては
「せんせ〜!つかれたぁ〜」と、
ふざけた事をぬかす。

しばらくして
「作文出来た!」と
持ってきたのでチェック。

作文の作成にあたって、
書いていて困った事や
相談したい事という項目に
こいつは、



「字数が足りない。」
「具体事例が、しんどい。」


と書き込んでいた。



し、しんどいって使い方がっ!

笑笑


こんなやつが
なんちゃって合格するんだろうと思ったww


で、ホンマに
行きたい高校合格💮しよった
(*゚▽゚*)


お前!ホンマおもろいなって
互いに笑ったわけよ ( ^ω^ )

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。