6月

 その日は雨だった。梅雨だ。外に出ることが億劫になる。
雨の振り始めは酸性雨の可能性が高い。そんなことを昔、理科の授業で学んだ。
雨がアスファルトに当たると不思議な匂いがする。そんな気がする。その匂いが恐らく体に悪い、おそらくそうなんだろうが同時にその匂いが恋しくもある。
この雨はどうして降って来たのだろう?
きっと泣きたかったからだ。

著者の佐々木 惇さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。