お金の話から遠いようだが、 実は一緒の話

1 / 2 ページ

子離れ、親離れが

出来ていない人間が


多過ぎる。



又、世話好きな人間は、依存体質だとも思う。



親が子の世話をするのは当たり前だが、


その裏にある心の姿勢が、


依存体質の「世話好きな人間」と同じなのだ。



それは、親は子供に


あれもしてやろう


これもしてやろうと


大きなお世話的な行動に出やすいし、


「親がしてやらないでどうする?


誰も助けてくれない。」


思い込んでいるのが親。



しかし、その親の「してやる」の裏には


親の思った通りの結果と感謝の態度を示せ」という


自我(エゴ)が無意識に働いている。


もちろん顕在化していないので


親心だと勘違いしている。



そこに「依存」まで


仲良くくっ付いているなんて


誰が想像できようか。



結局、


自分の行為を感謝して欲しいし、


自分を慕って欲しいし、


自分を特別視して欲しいし、


自分を自慢して欲しいし、


自分を退屈させないで欲しいし、


自分を落胆させないで欲しいし、


自分に礼儀も示して欲しいし、


「自分」のことばかり


無意識の層ではちゃんと考えている。



その本音を無視しているから


「いつか自分を満足させてくれるに違いない」と


パターン化した思考が


結果的には親あるいは子供から


離れる事が出来ないように


これも又パターン化して繰り返す。




自分の産んだ子供であっても


一個人として扱う事が出来ずに、


いつまでも自分の所有物として


好きに扱おうとするから


支障が生じる。と、いう事実を


見ようとしないのが依存体質の癖の悪いところという訳だ。



お金に関しても全く同じであって、


給料を払ってくれている会社や


オーナーに対しての思考も同じだから


現状を維持してしまい、


愚痴を言いながら変化しない


収入と仕事を維持したまま時間だけが過ぎる。



これもパターン化してしまって


現状に変化をもたらせるなどできなくなる。


だって、現状に依存しているからだ。


きっとそのうち・・・と魔法のような出来事だけを祈って

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。