お金の話から遠いようだが、 実は一緒の話

2 / 2 ページ


変化させる努力はしたくないと


頭の何処かで思い込んでいるから。



変化させようとする始めのエネルギーを使う事に


恐怖感がつきまとって勇気が出せないのが事実。



その「思い込み」を頑なに守ったところで


何のメリットがあるのか?



現状を変えていこうという努力をせずに


「これだけ頑張ってしんどい仕事をこなした!」


という子供におせっかいを焼いている親同様に


本音の部分を変える努力無しに


自分の満足を満たしてくれないのかと


履き違えるから愚痴しかでてこず、


収入も仕事も満足のいく結果が出ないのだ。



その「依存体質」である自分自身の正体を


まず見極める事が「鍵」。



「あわよくば」など


甘い考えでは決して納得のいく結果など出ない。



我が子であっても


手を貸すなら、


本人が自分で考え、


自分で行動できるような


本当に相手の事を思うこと。



収入や仕事も愚痴が出るようなら


スポンサーに依存するのではなく、


お金やビジネスを本気で勉強する。


自分自身を思いやること。



誰かを悪者にしたところで


誰も幸せにはなれないということだ。

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。