明るい酔っ払い

オーナーの経営する飲み屋に来る常連さん



毎回、店に顔を出す頃には


すっかり泥酔状態 (°▽°)



ベロンベロンに酔っ払った状態で


「よぉ~‼︎来たでぇ~‼︎


機嫌良く飲む


そして更に飲む ♪( ´θ`)ノ



泥酔状態だっつぅのに更に飲む訳だから


必ず潰れて帰れない ( ・∇・)



店の端っこで寝てる訳よ・・笑いながら



ま、オーナーの知り合いなんで、声かけて


「閉店やでぇ~! ちょっとぉ!


     支払いしてや~!


         勝手に財布からお金抜くでぇ~!」と、


ケツに突き刺さってる長財布を拝借 😎




財布開けて飲んだ分のお金をもらおうと


パカっと開けたら





7円しか入ってなかった・・・




ベロンベロンに笑ろて寝てるし・・・


ρ`)

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。