借金300万円抱えて起業した僕が世界45ヶ国を飛び回ることが出来るようになった話

2 / 2 ページ

この経験や技術を知りたい人は他にいるのではないだろうか。。。
だとしたら僕が出来ることはこの技術を知りたい人に教えてあげることなのではないだろうか。
よし、日経225オプション取引のスクールをやろう!
そうと決まればもう退職だ。年末前に僕は独立までの準備を進めることにした。年始に退職希望をお世話になっていた役員に伝え、2014年3月末の退職で話は決まった。僕の安定を行く人生はここで完全に崩れ去った(笑)
そもそも安定とは安定ではないな。と、この時僕はなんとなく思っていた。
しかし、問題がここで立ちはだかる。
独立を決めた。スクールをやるのはいい。しかし会社設立や教材の準備、その他諸々の雑費、当面の生活費用。お金がかかるのだ。
そんな金は僕にはない。
特大の詐欺に遭ってから僕の人生は大きく変わっていた。貯金はないし結婚して子供もいるので、給料は生活費として丸ごと家に投入。ボーナスもシンガポールに投入。冬のボーナスは会社設立の資本金に投入。運用のお金は元金を増やして複利運用をしていて、大きな金額の運用の経験も積めとメンターに言われていたから引き出せない。貯金ナシのギリギリの生活をしていた。
でも、やると決めてしまった。
「仕方ない、借りよう」


幸い僕はサラリーマンとして所属会社の信用は高いほうだ。
銀行をはしごしてフリーローンでお金を借りて200万円ほど借金した。 
しかし、金利がバカみたいに高い。銀行関連に転職していた僕は金利の凄さを知ってはいたが、実際に借りたことで余計に身にしみることになった。
銀行のフリーローンの金利で利息制限法ギリギリの年利14%ほどの高利になり、消費者金融ともなればグレーゾーン金利の25%だ。そりゃ破産もするわ。
毎月の返済の金額のほとんどが利息で占めている。
これは、なんとしても売上を作って早く返さないと本当にヤバイな。。。 
しかし、やるしかない。もうこれでやるって決めてお金も銀行から借りてしまった。ここでやめたら残るのは借金だけだ。
安定を目指していた僕の人生は気がつけば退職、独立、借金と崖っぷちからのスタートとなっていた。2014年3月末のことである。
しかし、独立したはいいけれどそれからというもの毎日とても大変だった。スクールの資料作りに営業。見込み客探し。どこに営業すればいいかもわからず適当に営業をしていたけれど、全然ダメ。まずお客さんが見つからない。
何か、やり方が間違っているのだろうか。しかしがむしゃらにやらなければという思いで来る日も来る日も営業。それでも成果はなかった。
資金は毎月減る一方。活動費用に家族の生活費用。お金を使うことは簡単だ。あっという間に借金した200万円が減っていく。
途中で、見込み客になりそうな場所に営業が出来ていないと気付き作戦を転換。ファイナンシャルプランナーにスクールを紹介してもらえるように営業することでやっと方向が見えてきた。
記念すべき最初の生徒はファイナンシャルプランナーに紹介してもらった際に入りたいと言ってくれた5人の生徒から始まった。
この時既に7月。毎月の支払いや会社の設立にかけたお金や諸々の経費もあり、200万円は底を尽きかけていた。そして100万円を消費者金融で追加で借りた。金利が鬼のように高い!!いよいよヤバイ!!
その時の僕は、人生で1番余裕がなかったと思う。

「次の売上が入金されるまであと何人だろう?」
「手持ちがもう1万円もない。。。」
「今日は吉野家の牛丼も抜きだな。。。」
「今日はご飯は抜きにして早く寝よう。。。」

今にして思えば、詐欺にあって貯金がなくなった時もサラリーマンという   肩書があったからこそ、毎月のお給料がもらえる安心感があったから。    絶望はしたけど、命がけとまではいかなかったと思う。
でも、今は違う。ここで何も結果が出せなければ路頭に迷う状態だ。     稼げなければ毎月のお給料はない。今の僕に出来ることは目の前の生徒を勝たせることだけだ。
そして、教え始めたその生徒達が勝った。それはよかった!その生徒の結果や口コミで紹介が増えて、生徒が増えてきた。売上も少しずつ出せるようになったけど生活は厳しい。借金の返済もヤバい。
そして2014年9月、ついに資金が底を尽きた。 

「ヤバイ、金がない。もう死ぬのか?」

借金が返せない場合、最悪セブンイレブンでバイトでもするしかないと思っていた僕は近所のセブンイレブンの時給を見に行った。

時給1150円。。。

返すのに何年かかるんだ!                        ダメだ死んでもここでなんとかしないと!       

人生最大の超貧困、ばあちゃんに土下座して50万円を借りる


なるべくなくならないようにとお金をやりくりしていたが、そもそも消費者金融の金利が高すぎる。吉野家にしようと、交通費をケチって歩いていても利息返済が容赦ナシにお金を吸い取っていく。
ついに、どうすることも出来なくなった。
僕は、心配も迷惑をかけたくなかったけれど親に相談した。         親は何も言わず、ばあちゃんのところに僕を連れて行っていきさつを話せと言ってきた。
ばあちゃんは当時94歳の高齢で自宅介護を受けながら生活をしていて、   僕もたまに手伝いに行っていた。そんなばあちゃんだからお金のことで迷惑をかけたくなかった。でも、もうお金がない。
ばあちゃんに今の自分のことを土下座してお金がないことを話した。
ばあちゃんは一言だけ言って50万円を貸してくれた。
「あんたが人様のお役に立てる立派な人間になったら返しにおいで」
正直今までお金のことで苦労なんかしたことがなかった。学生時代も時給のいいバイトをしていて、大学生ながらにサラリーマン並の給料を稼いでいたし、社会人になっても営業成績もよくてボーナスは丸ごと貯金することが出来ていた(詐欺でなくなったけども)。
だから、お金ないってことになったことがなくて、お金で人に迷惑を欠けている自分や、自分が生活するお金を稼ぐことすら出来ない自分が恥ずかしくて、情けなくて、悔しくて。僕はお金のことで初めて泣いた。
詐欺にあったときも悔しくて気持ちも大きく落ち込んだけど、この時が人生で一番の気持ちの超ドン底だったと思う。(経済的にもリアルドン底でした)

絶対に負けたくない、諦めたくない


ここまでやって何も結果残せないで終われない。
幸いなことに、少しずつではあるけれど生徒を勝たせることが出来て、    その実績から新しい生徒もスクールに入ってきてくれている。
もっともっと増やしていかないとという思いとばあちゃんや信じてくれている人の為にも必死で朝から夜まで働いた。
口コミでだんだんと生徒が増えてきてもう少しで形になるところまで来た時ついに僕に転機が訪れた。

スクールでの講義の写真です。


オンラインスクールが爆発!!借金の返済へ


独立した年の11月にオンラインスクールでのスクール販売がスタート。   ネットでの世界で顔も見えない人が僕のスクールなんか受けたいって思うんだろうか?お金のスクールだからこそ、顔を見ながら学びたいのではないのか?
そんな僕の心配を裏切る結果、1度に180名の生徒が入ってきた。     驚いたと同時に意味もわからなかったけど、その生徒を勝たせることに全力で取り組んだ。メンターには常に相場の動きや取引に必要な海外の情報を取るように言われ、リスクの測り方の指導をされた。
そのオンラインスクールの売上で、借金を返済することが出来た
ばあちゃんにもお金を返しにいった。
「いらないよ。」と言ったばあちゃんの顔が少しだけ嬉しそうだった。


結果として、延べ1000人以上の卒業生を今日までに輩出することが出来た。

現在は日本と海外に事業を持ち、世界中を自由に飛び回ることが出来るようになった


元々投資の勉強をすることから始めて、投資詐欺に遭い貯金ナシになって、安定だと思っていた企業も退職して独立しちゃって、借金300万とかしちゃって、親の教えはどこにいったの?って感じだったけど
何が安定かなんてわからない。安定とは不安定を安定化させようと努力している時が1番安定なんだと思うことが出来るようになりました。
だから、あの時は勢いで独立とかしてしまったけれど、
結果として、仕事が僕は好きだし、退職して独立して環境が大きく変わっても、自分を信じて頑張ることが出来れば結果はきっとついてくるって思っています。
どんなことでもやるかやらないか、本当に違いはそこなんじゃないかなって今なら思える。うまくいく人はみんなやると決めてやりきっただけ。
今僕は日本だけでなく、香港、フィリピン、シンガポールなどで仕事をさせていただきながら、元から好きだった旅行を好きな時にしています。
フィリピンでは昨年、フィリピンでは初の日本語を義務教育カリキュラムに導入した高校(High School)を開校することになりました。
生徒は約700名もいます。彼らにはこれからの希望に満ち溢れる人生を      存分に楽しんでほしいと思っています。



今までに45ヶ国を旅しました。

ウユニ塩湖に行ったり
ギリシャサントリーニ島行ったり
キューバでクラシックカー乗ったり
パリの凱旋門通りのど真ん中でジャンプしたり
スペインサグラダ・ファミリアでジャンプしたり
海外は自分の知らない視野を広げてもらっていて、メンターからも世界を旅して、異なる人、文化、習慣、食事に触れて見ると面白いよと言われてきました。
本当にその通りで、海外に行くことは完全に僕の趣味になっています。

自分が好きなことを好きな時に好きな人と好きな場所で好きなだけ


こんなライフスタイルをずっと送りたいと思っていて、サラリーマンの時は限られた時間の中で、これらのことが実現出来れば満足だったけれど、自分で仕事をするようになれば、休みも時間の都合も自分で出来るし
パソコンとスマホがあれば世界のどこにいても仕事が出来るので、旅先でも仕事をしながら自由なライフスタイルを以前のサラリーマンのときよりは送ることが出来るようになったのかなって思う。
元々独立願望なんかなかったし、我が家の家訓は「安定を行け」だったのでこんな人生になるなんて想像もしていなかったけど、誰でも人は変わることが出来る。
だから、もし今何か自分の中にモヤモヤしているものがあってこの文章を読んでいる人がいたとしたら伝えたい。

大丈夫!僕なんか詐欺にあって貯金なくなって借金もしたことあるから!


そんな僕でも、たまたま僕は日経225オプション取引という入り口だったけど、今では多くのお仕事にかかわらせていただいています。
偶然の出会いもあるけれど、確実に言えるのはあの時僕と出会ってくれた人や力を貸してくれた人が1人でも欠けていたら今の僕はなかったということ。
だから、今度は僕が力を貸してくれた人達のように誰かの力になりたいし役に立てるようになりたいと思います。
もしも、何かに悩んでいる人、何かを始めたい人、自由になりたい人、海外で事業を始めてみたいけど何していいかわからない人のヒントや勇気になったら嬉しいです。

最後までお読みいただき、有難うございました。

著者の佐々木 悠介さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。