続編4 パパが女(アリッサ)になったとき LA発LGBTトランスジェンダー家族日記

3年前にMTF、トランスジェンダーだとカミングアウトしたパートナーとの家族体験記の続編です。今回は「アリッサ、もっと輝きなさい」と題して、アニメエキスポとアリッサのコスプレについて。

このキャラはどなたでしょうか?


シェリルさんだって




去年よりもスキルアップしました


 

今月4日から7日まで、北米最大級のアニメコンベンション、"Anime Expo"がロサンゼルスのコンベンションセンターで華々しく大々的に開催されました。ぎんぎらぎんにね。

 

アリッサにとって、アニメエキスポは年に一度の正念場。去年のエキスポが閉幕した時点から1年間、綿密に計画を練って練って、ねるねる練って、自信を持ってイベントに望みました。超が10個つくくらい完璧主義だからね、アリッサは。

 

イベントは4日間。アリッサは衣装をとっかえひっかえして、3日間参加しました。



参加初日はコスプレ友達とはっちゃけて、朝帰りしました。いいよ、好きにして。なんせ年に一度の晴れの日だからね。

 


2日目と3日目は、わたしが仕事だったので、娘たちを連れて行ってくれました。娘たち、アリッサの影響もあってか、最近、アニメにはまってるので、ちょうどよかった。よい刺激を受けたみたい。長女はもっとたくさん勉強して、アーティストとして稼げるようになりたいんだって。



「アリッサ、みんなから『写真を一緒に撮ってください』って頼まれてたよ」と誇らしげな娘たち。



アリッサを誇らしく思ってくれるあなたたちを、母ちゃんは誇りに思うよ。ありがとう。

 



はじけて幸せそうなアリッサを目にしながら、わたしは昔を思い出しました。



アリッサがカミングアウトしたのが2016年の春。その年の夏、「夏祭りに女性用の浴衣で参加したい」とアリッサに言われて「ふざけるな、絶対ダメ」って拒絶しました。怖かったんです。周囲の目が。

 

同じ年、ロサンゼルスのリトル東京で開催された夏祭に家族で遊びに行ったとき、パレードにコスプレグループが参加していて、盛り上がってて凄く楽しそうで、その一団をアリッサが眩しそうに見ていて、眩しそうに一団を見つめるアリッサを見て、わたしは密かに願いました。「アリッサ、あっちの世界に行かないでね。」

 


遠い夏の思い出。次に何が起るのか、さっぱり予想がつかなくて、不安で怖くて、

「わしたち家族は幸せになれない」と思い込んでた夏。



今は平気。日本の姉が送ってくれたかわいい浴衣。まだ一度も袖を通したことがなかった新品をアリッサに譲ってあげた。いかり肩だからどうせわたし、浴衣は似合わないし。夏祭りにいくのなら、素敵に帯を結んであげる。髪の毛もかわいくゆってあげる。

 


アニメエキスポも予算の範囲なら、好きなだけ盛って盛って盛り上がってください。




アリッサ、もっともっと輝いてね。コスプレ界の女王になりなさい。やるならとことんやりなさい。

 


なりきるのが大切

楽しい夏を過ごしてます

著者のAi Takayamaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。