起業して3ヶ月で崩壊させてブログが炎上した後の話

1 / 2 ページ

web界隈の方にはご存知の方も多いかもしれませんが、「起業して3ヶ月で会社を崩壊させて思ったことと、近況報告です」( http://shunsuketakahash.fool.jp/blog/?p=947 )という4月の前半頃にバズった記事のその後の話です。


軽い気持ちでstorys.jpに題名だけ書いたらお世話になっていた方やご迷惑をかけてしまった方からも”聞きたい”を頂いたので、簡単なご報告程度に書かせていただこうと思います。


その後の3ヶ月の出来事

0:炎上前夜

正直”炎上”というよりは軽くバズった程度なのですが、チームも正式に解散になり、活動もストップし、1週間くらいがたった頃に、色んな人に挨拶しなければならないことにようやく気付いたところから始まります。

でもそんなエネルギーもないし、ただそうしないと次にも進めない。そんな中で思いついたのが、facebookにとりあえずポストして、まだcocoの事を気にかけてくれている人にだけ届くようにすることでした。

4/8(月)午前3時。2〜3時間程掛けて丁寧に書いた記事を投稿し、そのままPCの電源を眠りました。そこには、今の状況、そこに至った経緯・意図、そして「これからまた頑張ります!!!」とあくまで”前向きな意思表明”を自分の中では記載していたつもりでした。


1:朝目が覚めると、facebookからたくさんメッセージが・・・・。

午前10時ころに目が覚めてびっくり。色んなメッセージを頂きました。

励ましの言葉をくれる友人、採用しようとしてくるサークルの先輩、叱責の言葉をくれる身近な人、知らないおじさんから情報商材の宣伝・・・。

そしてアクセス数を確認すると同時に500人とかがアクセスしているような状況でした。1時間に500人、とかではなく、その一瞬に500人いるような状況が2〜3時間続いていたような気がします。

はてなブックマークは750を超え、twitterやfacebookでのコメント欄には様々な声が載せられました。facebookのウォールにもともとポストしたので知り合いはそちらにコメントをしてくれたのですが、そうでない人はブログの中に様々な意見を書いていました。今は閉じてしまったのですが、賛否両論とはこのことかってくらい様々な意見を頂きました。

2:逃げるように引きこもった4月

もともとこの時期落ち込んでいたのに加え、特にtwitter とはてブで死ぬほどディスられているのを見て、正直かなりへこんだことを覚えています。普段ネットで他の人が叩かれているのを見る時は、そんなんほっとけ!って思ったりしていましたが、いざやられると、すごおおおおおおおおおく嫌です。

なんというか、普通に的を射てる気がするんです。さらに、同じ内容を最も身近でお世話になっていた方からも言われ、自己否定のスパイラルに陥りました。

人と会うことが億劫になり、大量に頂いたアポも最低限しかお会いせず、ぶっちをしたり、無視したりしてしまいました。(ホントすいません・・・)


3:本当に”試用”で終わった試用期間

人生初レベルに自信を失っている中でも、こんな僕といっしょに働きたい、と熱心に誘ってくれる経営者がいました。

それをきっかけに1ヶ月近い引きこもり生活から復活し、とりあえず試用してもらいました。2週間。これは本当に自分のカスなところなのですが、働き始めて徐々に昔の感覚を取り戻すごとに、やっぱ自分でやりたい!と昔の情熱が全て戻って来てしまい、結局すぐに自分でやりたい、という旨を伝え、再度チャレンジすることが決まります。

これが、5月の半ばくらいです。せっかく誘ってもらい、期待させてしまったのに申し訳ないばかりですが、引きこもりから復活できたのは間違いなく彼のおかげで、本当に感謝しています。


4:エンジェル投資家、支援企業の社長の言葉

また、もう一つ僕の再チャレンジを後押ししたものがありました。

みんなの読んで良かった!