起業して3ヶ月で崩壊させてブログが炎上した後の話

web界隈の方にはご存知の方も多いかもしれませんが、「起業して3ヶ月で会社を崩壊させて思ったことと、近況報告です」( http://shunsuketakahash.fool.jp/blog/?p=947 )という4月の前半頃にバズった記事のその後の話です。


軽い気持ちでstorys.jpに題名だけ書いたらお世話になっていた方やご迷惑をかけてしまった方からも”聞きたい”を頂いたので、簡単なご報告程度に書かせていただこうと思います。


その後の3ヶ月の出来事

0:炎上前夜

正直”炎上”というよりは軽くバズった程度なのですが、チームも正式に解散になり、活動もストップし、1週間くらいがたった頃に、色んな人に挨拶しなければならないことにようやく気付いたところから始まります。

でもそんなエネルギーもないし、ただそうしないと次にも進めない。そんな中で思いついたのが、facebookにとりあえずポストして、まだcocoの事を気にかけてくれている人にだけ届くようにすることでした。

4/8(月)午前3時。2〜3時間程掛けて丁寧に書いた記事を投稿し、そのままPCの電源を眠りました。そこには、今の状況、そこに至った経緯・意図、そして「これからまた頑張ります!!!」とあくまで”前向きな意思表明”を自分の中では記載していたつもりでした。


1:朝目が覚めると、facebookからたくさんメッセージが・・・・。

午前10時ころに目が覚めてびっくり。色んなメッセージを頂きました。

励ましの言葉をくれる友人、採用しようとしてくるサークルの先輩、叱責の言葉をくれる身近な人、知らないおじさんから情報商材の宣伝・・・。

そしてアクセス数を確認すると同時に500人とかがアクセスしているような状況でした。1時間に500人、とかではなく、その一瞬に500人いるような状況が2〜3時間続いていたような気がします。

はてなブックマークは750を超え、twitterやfacebookでのコメント欄には様々な声が載せられました。facebookのウォールにもともとポストしたので知り合いはそちらにコメントをしてくれたのですが、そうでない人はブログの中に様々な意見を書いていました。今は閉じてしまったのですが、賛否両論とはこのことかってくらい様々な意見を頂きました。

2:逃げるように引きこもった4月

もともとこの時期落ち込んでいたのに加え、特にtwitter とはてブで死ぬほどディスられているのを見て、正直かなりへこんだことを覚えています。普段ネットで他の人が叩かれているのを見る時は、そんなんほっとけ!って思ったりしていましたが、いざやられると、すごおおおおおおおおおく嫌です。

なんというか、普通に的を射てる気がするんです。さらに、同じ内容を最も身近でお世話になっていた方からも言われ、自己否定のスパイラルに陥りました。

人と会うことが億劫になり、大量に頂いたアポも最低限しかお会いせず、ぶっちをしたり、無視したりしてしまいました。(ホントすいません・・・)


3:本当に”試用”で終わった試用期間

人生初レベルに自信を失っている中でも、こんな僕といっしょに働きたい、と熱心に誘ってくれる経営者がいました。

それをきっかけに1ヶ月近い引きこもり生活から復活し、とりあえず試用してもらいました。2週間。これは本当に自分のカスなところなのですが、働き始めて徐々に昔の感覚を取り戻すごとに、やっぱ自分でやりたい!と昔の情熱が全て戻って来てしまい、結局すぐに自分でやりたい、という旨を伝え、再度チャレンジすることが決まります。

これが、5月の半ばくらいです。せっかく誘ってもらい、期待させてしまったのに申し訳ないばかりですが、引きこもりから復活できたのは間違いなく彼のおかげで、本当に感謝しています。


4:エンジェル投資家、支援企業の社長の言葉

また、もう一つ僕の再チャレンジを後押ししたものがありました。

今(2013年6月)実はエンジェル投資家からのごく少額の投資を受けてその資金を元に活動し、またオフィスは他の会社の一室を借りてそこで毎日お昼ごはんをタダでいただきながら(!!!!!)開発を進めています。

そのエンジェル投資家の方と支援企業の社長さんが口をそろえて、

「君は絶対成功する」

と言ってくださりました。別にこの言葉に根拠なんかいらなくて、その言葉だけでももう一度挑戦する気持ちを取り戻すのには十分でした。2者とも、言葉だけでなくその気持を行動(お金やオフィス、お弁当)で示してくれています。

一度めった打ちにされ、自己否定のうずに陥った後に再度自信を持つのは相当な勇気が必要で、まだ正直自分は絶対成功する!とは自信を持って言えません(炎上以前は言ってました★)。

ただ、このことで、一歩を踏み出すのには十分な自信を得られたのは間違いないです。本当に人生何が起きるかわからないものです。


5:新プロダクトの開発スタート

次の企画は、以前の反省を活かした(はずの)ものがいくつかあり、とりあえず1~2週間ほど企画にあて、今日まさにver1の開発を終了し、テストサーバーにプロダクトを上げることが出来ました。cocoで鍛えられたお陰で開発力だけは確実に向上し、簡単なwebアプリケーションであれば2週間あれば作れるレベルにはなっていました。

まだプロダクトは公開できませんが、一通りの仮説検証が終わり、自分にgoサインが出せた段階でしっかり公開させていただきます。

自信が持てないプロダクトを安易に見せて否定されると迷走してしまう気がするので、今は対象ユーザーに絞って公開させていただいております。


随分あっさりまとめてしまいましたが、炎上当日には大学のサークルの同期や先輩と飲んだり、またそのまま同期の家にみんなで遊びに行ったりさせてもらったり、またその後には大学の理工学部の友人が焼肉をおごってくれたり、元カノが励ましてくれたり、本当にいろんな人にお世話になった3ヶ月で、書き始めると長くなってしまうのでこの程度にしておきますが、すごく色んな人に感謝しています。

とにかく、要は、また頑張ってます!!!!ということだけお伝えしたかったのでございます。狭い界隈なので、またすぐ皆様にもお会いすると思われますが、その時はどうぞ宜しくお願い致します。

※ちょっと眠いので(4:00 AMなう)文章が変なのはご容赦ください。

--

2014/5/23 23:00 追記

こちらにその後の事を記載しました。もしよろしければ御覧ください。

http://shunsuketakahash.fool.jp/essays/essay3.php

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。