部屋中濡れたティッシュまみれの男の最期

シュッシュッシュッ...ビクン!!!

世の中で大きな問題とされる環境破壊。
人間は木々を消費し続け誰かが代わりに木々を植えてくれると思って、割り箸や紙などを罪悪感も無く消費し続ける。


そんな環境破壊に一番積極的な男の話...


その男は毎日ティッシュを使う。
目的は己の欲を満たし慰めるため。
1日の消費量は1射につき3~5枚。
ティッシュだけでなく子孫を残す上で大事なモノまで無駄にするとは、
少子高齢化にも悪影響だ。


行為の最中は快楽に夢中になるが終わり次第
自分の行為に何の生産性も無いことに気づき
虚しく、寂しく、少しの罪悪感が出てくる。


今この記事を見ているあなたも含めて
「人は幸せになりたい!」違うか?


食べる、寝る、性交すると言った本能的に満たされることでは無く
誰かに認められたい!
誰かに勝ちたい!
誰にも縛られたくない!
誰かの役に立ちたい!

といった現代的な幸せを求めている。


それはこの男も同じこと。
ここではこの男を”青二才”と呼ぼう。


青二才は平凡な毎日に飽き飽きしていて
「今日は何か楽しいことがあるんじゃないか?」と根拠も無く期待するも何も無く、
「何か新しいことにチャレンジしよう!」と思っても何から始めれば良いのか分からない。

ただ少しずつ意識が変われば、目にする物も変わってくる。
例えば青二才はよく漫画を読むのだが、ジャンルは少年ジ◯ンプ、マガ◯ンなどのアクション系だが初めてヤングジ◯ンプのキン◯ダムを読んだのだ。
キン◯ダムは歴史漫画でアクションシーンも多いが見所は登場人物が戦争や政治の為に人々を束ねていく人間模様である。
ここに自分を照らし合わせて、一体今の自分に何ができるだろうと考え始めてから青二才の人生は大きく変わり始めた。


まず青二才が働いてるコンビニのバイト先でお客さんに元気よく挨拶するようになった。
ただ大きな声で挨拶するのとはわけが違う。


今日レジに来た仕事終わりで40代ほどのおじさんが青二才の挨拶で元気になってくれたら良いなと思って挨拶してるのです。
行ってる行動自体は小さなことだが、今まで何気なく挨拶していた時間に生きがいを感じて青二才の幸せ度は明らかに高くなったのです。


それから仕事に行くことが楽しくなり、職場や友達、家族にも優しく接せれるようになって周りに人がどんどん集まるようになりました。


ここで気付くのです。
幸せは大きなことをしないと作れないものじゃない。
小さなことでも誰かが喜んでくれるよう心を込めて行動するだけで自然と感じれるものなのだと。
続く

著者のKazuma Yamamotoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。