ぶっ飛べ!レットゴー:第0週「バラエティショップ・レットゴー」オープン

3ヶ月間で、月15万円の売上が上がるネットショップは作れないだろうか?

しかも、週に8時間しか作業してはいけない、という縛りで。


そんなルールを作って、実験を始めたネットショップ。

それが、バラエティショップ・レットゴーだ。


どんなお店なのかは、ぜひともググって確かめてほしい。



レットゴーは、たけうちとサカキで共同運営している。

たけうちとサカキは、数年来の友人という関係。


一緒に何か面白いことがしたいね!

と、以前から相談はしていたものの。


物理的な距離があり、リアルの場で一緒に何かに取り組むことは難しい。


だったらオンラインでできることを一緒にやろう!

という訳で、レットゴーをやってみることにした。



レットゴーは、


・オンラインでできるスモールビジネスで、新たな収入源を得るための情報

・レットゴーのようなネットショップを運営するのに役立つ情報


を扱うネットショップ。


実はレットゴーの運営が、レットゴーで扱う商品を作るもとになっている。


つまり、自分たちでお店を運営していく中で、この活動から新たな収入源が得られることを証明しようという実験。

それをたけうちとサカキのふたりでやっていく場が、レットゴーだ。



週8時間の作業で、月に15万円の売上という目標。

この目標は、副業でこれだけの売上が上がるなら最高だ! という基準で設定した。


また、3ヶ月というのは、お互いにだらだらと取り組まないように決めた期間。

たけうちもサカキも、そこまで根気強くない。


どうせやるならなるべく早く、結果が出せる方がいい。

だから限られた時間の中で、その時間だけは全力で取り組むことにした。



このご時世、本業だけで食べていくには少々心もとない。


それに、会社勤めが性に合っていても、別の場所で、自分の力で何かに挑戦してみたいと考える人も増えてきている気がする。


定職に就くことが難しい、正規雇用に縛られたくないという人だっているだろう。


ここから先は、食べていくためにいろんな働き方があっていいし、そんな時代の流れの助けとなるような方法を見つけ出せたら最高だな、と思っている。


本業があって、それを気に入っている人なら、本業は本業として続けていきながら。

いろんな事情を抱えた人なら、その時々の状況が許す範囲で。


遊び心を持って、楽しみながら、面白がって。

自分にしかできないことをお金に換えていく方法を見つけ出したい。


そんな方法を見つけて、同じように感じているどこかの誰かとシェアしたい。


レットゴーに対して、そんな、妄想に近い夢を抱いていたりする。

今はただの妄想だけど、きっと、応援してくれる人がいると信じている。



だからここで、レットゴーの取り組みをありのままに伝えていきたい。

自分たちで設定したルールを守り、実績は盛らず、うまくいった時も、そうでない時も、その状態をさらけ出したい。


それこそまさしくレットゴーじゃないか! と、今は思っている。

著者の玲 竹内さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。