決して贅沢はしないが、最低限のお金は必要だろ?

生活することに疲れてはいないだろうか?

 

生きることがストレスになってはいないだろうか?

 

いつも同じパターンの現象に苦しんではいないだろうか?

 

何故自分ばかりが困るのだろうか?

 

今こうしたいのに、お金がなくて諦めていることはないだろうか?

 

 

周りが旅行に行ったり、買い物をしたり、休暇を楽しんだり、

躊躇なく行動できる事に心が揺れることはないだろうか?

 

人の心には、他人の行動と自分を比較し、優劣をつけたがる思考の仕組みが潜んでいる。

 

しかし、その心の揺れが自分の考えている現象とは全く反対の状況を現実化していくのだ。

 

 

限られたお金の範囲でしか人は生活できないものなのだろうか?

人生ってこんなもんだと諦めて生活するしかないのだろうか?

 

 

 

街中でショウウィンドウに移った自分の姿は

実年齢より老けてはいないだろうか?を軸に考えると、

お金の有る無し以外に人間の思考の方向性が正しければ、

老けて見えるどころか、年齢より若くなり、

必ずお金の周り方も変わってくる。

 

それは、入ってきたお金を使うときの心の姿勢が、

肉体年齢さえも若々しく保つ秘訣になるということだ。

 

自分は若々しいと思い込んでいるだけでは

決してそうは認識されず、

何か目に見えないものが、体全体に中からにじみ出てくるので

他人の目は誤魔化せないわけだが、

気づいていないのが唯一自分だけだったりする。

 

では、実際どうすれば上手く循環するのか?を考えていこうと思う。

 

 

ホームページ Blue island ブルーアイランド

https://takae5294.amebaownd.com/

 

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。