誉言の書Vol9

あなたがこれまで色んな事に対してこう頑張ってきた。そしてなにかその触れるものに対して様々な視点から色んな気づきが起きてきた。
そのことに対してこれからはどんどんその自分自身の感じてきたことを表に出していく、その自己表現力がこう広がっていく、その年になっていきます。
こう色んな事が胸の中から飛び出してくることでしょう。そして色んなものに対して色んな感じ方があって、そしてあなたのその感性、鋭い感性がこれからもっともっと活かされていきます。
ですから何かその自分自身を表現する順番が来た時にこう臆することなくこう一歩踏み出して、あなたがあなたであること自体をこう誇りに思えるそのような場面が増えてくることでしょう。
本当に今年はあなたがその自分自身に立ち戻ってその自分らしさを表現していく、そのような年になっていかれます。そしてまたそうすることによってその周囲の人々が何かそのあなたに注目することによって、こうあっ私もそのように生きたい!私もそういう風にしたいな!というようなそういう同士がこう増えてあなたの周りにこう集ってくることでしょう。
そういった姿を見ることによってあなたがその自分自身に勇気を得ていく。そしてまたその自分が得た勇気をこう人々にも引き渡していく、そのようなこう時の中であなたがその自分の能力を開花していきます。そのプロセスの中にあってはこう上手くいかないなぁと感じることがあったとしてもあなたはなぜかこの事に対してはめげることなく、その自分自身を真っ直ぐに表現していくその力強さ、その力がついていくことでしょう。これまでにはそんなに私ってこうなにかそういう風に表に出るのは難しかったのになんでこんなに私はこういう事をしたくなったんだろう?とその不思議に思うくらいにもあなたがその自分自身を表現することに対してとても積極的にアピールしていく、その事があなたの中でも不思議な力を呼び、開花していくその流れの中にあります。もっともっと自分が信頼できるようになっていく、そして何かその信頼の先に訪れるその仲間とのフレンドシップであったり、またそこにあるその家族との絆の深さを知ったりと色んな局面をあなたがこう一つずつ見ていかれることでしょう。
そしてまたその表現の枠にはその芸術的なもの、芸術的な感性も光り輝いていきます。色んな形であなたがあなたを表現していく中でその制限をかけないでください。私はこれはいいけどこれはダメだからこれはしないかな!という風に決めてしまわないで色んなチャンスがあります。
そして色んな場面があなたの中に起きてくることを許してください。限定しないでどれに対してもこう来るものに対してこう積極的に取り組んでいく。最初はえーっ!できるかなぁと思うような事に対しても一歩踏み出してしまうと意外とワクワクしたり、楽しかったり、そしてそこにまた喜びや感動を分かち合える同士がいたりと意外な展開が多く準備されています。
それを楽しんで一つずつチャレンジしていってください。
ほんとにあなたらしさが気づく年となることでしょう。
2017年1月

著者の梶浦 亜女里さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。