お金と健康と信頼

時間を拘束されている時、

「今、これに縛られていなければ

あれができるのに。」

「時間に余裕があれば

これもできるのに。」

と、ちょっとイライラした事はないか?



で、本当に時間に余裕ができて

普段思っている事が

十分にできる時がきたら、

結構それをやらずに、

何となく時間を過ごしてしまう。


ゲームしたり、

テレビを見たり、

ネット三昧したり、

昼寝したり、

おやつ食べたり・・・


そんな事はないか?


でも、

時間に余裕がなくなってくると

必ず、

やっといたらよかったと思い悩む。


少しの時間で解決する事なら

尚更思う。


でもできない。


しかし、これが

お金のかかる話だと

違うんだな。


今すぐ動かないと

無駄な支払いが

加算されるとか、

入ってくるはずの

お金が入らないとか。


危機感

恐怖感

不安が

伴うと

サッサと動く。


これも初期段階では

放置していることが多い。


にっちもさっちも

いかない状況になったら

重い腰を上げ、

恐怖感いっぱいで

行動できるようになる。


健康もそうだ。

痛みや苦痛が伴い、

体が動かない状態になって

初めて行動する。


仕事を休むとか

病院に行くとか

何か予定していたものを

キャンセルするなど。


人間は、最終目標に向かって

時間を歩んでいるのだが、


病気になる人は

病気になって動けなくなる目標を

無意識に設定しているし、


お金に困る人は

支払い不能で

生活に困る目標を

無意識に設定しているし、


信頼を失う人は

二度と信じてもらえない目標を

無意識に設定している。


この無意識に

困る方向へ目標を定める

人間の思考を

理解し、勉強して

知識を持つ事と

日常の仕事や学校の生活の中で

意識した経験を積むと

逆バージョンも

可能だ。


人の生活ぶりは、

心の中を映し出している。


何かしら不安を感じたら

放ったらかしにしている

「やるべき事」を

実行に移す計画と段取りを立てて、

わかんなくても

兎に角やってしまう。


目標設定がちゃんと

出来ていれば

わかんない状態が

何故か上手く動く。


これは、

何か目に見えないものが・・

なんてスピな考えは

横に置いておいて、

人間の生きる法則として

科学して物を考える力が

ちゃんと軌道に乗せてくれるからだ。


目に見えないものを信じて、

うまい話にばかり

目がいっているようでは

自分の目標設定が

「甘い」ということだ。


だから

危機感が身に降りかからないと

動けないような

生活にはまり込む。


あなたは

どう動く?

「甘さ」がある人ほど

めちゃくちゃ頑固な思考をしている。


自分の思考に柔軟性を!


目の前の悪なき嫌な事象にこそ

答えがあるんだ。( ^ω^ )


Blue island ブルーアイランド

https://takae5294.amebaownd.com/

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。