力任せに怒りの感情に振り回される人々

この半年間、怒りの感情に振り回される人々を山ほど見てきました。

そう。職場でです。
こんなに不機嫌な人たち、不機嫌な職場を初めて経験しました。
「気の毒だな。」
というのが私の感想です。
この人たち、こんなに怒りを前面に出していて、まともに仕事ができるんかい!?って思いました。
案の定、まともにできないんです。
サインや記録が漏れていたりではちゃめちゃです。
仕事ができていないのも「勘弁してよ」と思いましたが、私はその人たちのプライベート、背景も考えてしまいました。
こういう人たちって、ヘビースモーカーだったり、酒量が多かったりします。
けっきょく、ストレスのはけ口が無いんですよね。
きっとプライベートも充実していないんだろうなぁと。
ま、よけいなお世話ですが。 (^^;
自分とはとんと縁の無い生活だと思います。(^^)
マウンティングする気持ちなど毛頭ありません。
ただこういう人たちの人生を考えた時にもったいないなーと思うんです。
日々、穏やかに生活できていたら、血圧が上がらないだろうな、病気にもならないだろうなぁと。糖尿病もがんもストレスは大いに影響します。
自分の身体を蝕むまでの怒りってなんなんだろ?!と思ってしまいます。
現に皮膚の病気がなかなか治らない人もいました。治療費にかなりお金がかかっているそうです。
もしこういう人たちに自分がアドバイスをするならば、
「コミュニケーション、人との関わり方を変えてみたら?」
ということです。
「アサーション」という言葉があります。
周囲の人のことも考えて、思いやりをもって、気持ちよく相手と接する。
ほんのちょっとしたことなんです。
不機嫌な人には優秀な人も少なくありません。
そんな人がちょっと自分を変えるだけで、周囲の雰囲気も変わるんです。
ただ、それに気づけないことが一番の問題なのですが。。。
大人になると皆、「ことなかれ主義」で、そんな怒るような人に忠告など、好き好んでする人はいません。
だからすさんでいく場所は、すさんでいくんです。
もう悪循環。
その人の「地雷」をいつ踏むかわからない。
そんな職場はイヤですよね。
不機嫌な人は「かまってちゃん」だったりします。
「自己承認欲求」が高いです。
「怒り」という表現を通して、自分が相手にされたいんです。

対処方法としては、どうなんでしょう?!
持ち上げすぎるのも良くありません。
調子に乗るだけです。
然るべき人が毅然とした態度で接することが一番なのではないかと思います。
ま、それでも当人があらためようとしないところが厄介なのですが。
本人が気づかなければ、変わろうとしなければどうにもなりません。
人生において、すごーく損していると思うのですが。
仕方ないですね。こればっかりは。

被害に遭っている人は、巻き込まれないように。
自分の感情をかき乱されないように。
これが一番大事だと思います。






著者の奥山 景子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。