今の仕事と私

WEBの世界との出会い

中学の頃、自宅に共有PCという名の父親のPCしかなく、自由にWEBサイトに触れることが少なかった(と言いつつ夜通し絵茶したりしてた)私は、16歳でパケ放題に出会い、さらにWEBの世界にどっぷりになっていきました。
当時は、携帯でタグ辞典を画面メモに保存しながらコードを打つという、途方もない作業をしながらせっせとモバイルサイトを作っていました。
どんなサイト作っていたかは、想像にお任せしますが、そこで出会った人と文通したりプリクラ交換したり、オフ会したりなど楽しいWEB体験をたくさん経験しました。
一方、アクセス数が伸びすぎてその分野で目立ってしまい、2ちゃんに晒されて、大変なことになってしまったこともありました。「生もの」って危ないんだなぁと思いました。

専門学校に入る

専門学校に入って、WEBの知識については多少自身があった私ですが、世の中には自分のPCが買ってもらえて自由にPCサイトを作っている人がたくさんいるという事実を知りました。ほとんどの人がPCサイト制作経験者だったんです。
10代でPCが買い与えられる家庭があるなんて・・・これが格差社会か・・・。
モバイルでしかサイトを作ったことない私は完全に出遅れました。
あと、センスもそこまで高くないことに気づき、私はWEBデザイナーになれないと思いました。
そんな時、たまたまインターンでチームを作ってWEB制作をすることになり、私はWEBディレクターを務めました。このインターンを通してディレクターになろうと決意しました。

SEOと出会う

WEBディレクターを募集していて、雰囲気がよさそうという完全に感覚で某代理店に入社を決めました。
入社が決まってすぐ内定者面談をし、私が希望職で出していた部署の担当者と面談をしたところ、「あなたはSEOの方が向いていると思う」と言われ、SEOの部署を希望しました。
本当にたったこれだけの理由で今でもSEOやっているので、あのときの決断は私の人生に大きな影響を与えたんだなぁ、と思います。
因みに内定が決まってから本を購入し読みましたが、SEOの意味なんて全く分からず、本読んでも難しすぎて理解できませんでした。
そんなこんなで、学生時代にモバイルでモバイルサイトを作っていたという理由でモバイルSEOの部署に配属され、もくもくと携帯と向き合う日々が始まったのです。

みんなの読んで良かった!