「ある決断」をして夢も希望もお金も見失って路頭をさまよったけど3年後には〇〇を勉強して社長になり人生を大逆転させた話

1 / 2 ページ


この体験を書いた理由

私はもともと、人見知りで人前で話すことなんて全く出来ないタイプの人間でした。電話する時は話す内容をメモしてから電話したり、震えて声が出なくなったり、緊張して途中で何を言ってるのか分からなくなることがありました。

今はとても幸せですが、過去の話は思い出すのも辛いです。

でも、そんな私の体験が少しでも誰かの励みや、何かに踏み出す勇気になるかもしれないと思って、書いてみることにしました。


中学校時代に「あること」が起こりました。

少し私の自己紹介をさせてもらいます。

私は音楽が大好きです。世界中でライブするという夢があります。

音楽はたくさんの人と出会い、

言葉が通じなくても会話ができるところが好きです。

音楽では2014年の4月にインドネシアでライブして、

8月にはオーストラリアのシドニーのクラブで私の音楽が流れていました。

こう書くと、苦労せずにすんなり進んできたと思うかもしれませんが、

全然そんなことはありません。

◯親は高学歴で、勉強して良い会社に就職することを望んでいました。

◯中学時代は塾と学校が家みたいなものでした。

◯高校時代、偏差値が35しかありませんでした。

◯頭が悪すぎて1年浪人しています。

◯中学校時代に「あること」が起こりました。

こんなどうしようもない状態でしたが、

チャレンジ精神と行動力だけは自信がありました。

少し経歴をお話しします。


【経歴】

兵庫県伊丹市生まれで、長男として生まれました

(構成は、父、母、姉、私の4人家族)。

親は共働きでほとんど会う時間はありませんでした。

中学2年までは、何の不満もなく過ごすことが出来ました。

中学2年生の時、僕の人生を大きく変える

『あること』が起きました。

『あること』が起きてから、

僕の人生は壮絶なモノとなりました。

振り返れば、辛いことのほうが多かった。

でも、今思えば、良かったと思う。

辛いことを色々経験出来て、

強くなることが出来たと思う。

それに、様々な経験を得ることも出来たと思う。


例えば、

①人の気持ちを考えるようになった。

②このままではいけないと思い、人生について考えるようになった。

③自分を変えようと思った。

④夢を持つようになった。

⑤絶対に見返してやりたいという信念を持つようになった。

等です。

ここから先は、

このような人生を歩んでいる僕に、本当に興味がある方だけお読み下さい。

※過激な内容になってますので、ご了承ください。


僕の人生を大きく変えた『あること』とは?

中学2年生の時の出来事でした。

それまでは、家庭環境も良く、

少年時代は何の不満もなく過ごすことが出来ました。

『あること』が起こるまでは、、、、、

私の学校はすごく荒れていて「いじめ」の対象になったことです。

友達がいじめられていたので、間に入って止めたことがきっかけでした。

その日から毎日殴られるようになりました。


先生も見て見ぬフリをして、何もしてくれませんでした。

わけも分からず、母親に相談しました。

そこで、言われたのは、

「あなた、何か勘違いしているんじゃないの?」

「(同級生の)母親に聞いたら、B君(いじめのリーダー)は面白くて良い子みたいじゃないと言われました。」

ビックリしました。

子供の言う事よりも、同級生の親が言うことを信じていました。

母のその答えに…………

僕は何も言葉が出ませんでした。

考える間もなく大号泣。

親の前であんなに泣いたのは初めてでした。

どうして?

なぜ?

何で信じてくれないの?

家族は仲が悪いわけでもないし、

何が原因でなのかまったくわかりませんでした。

いまだに、何で信じてくれなかったのか分かりません。

当時14歳の僕は

色んなことを思い、自分を変えようとしました。


当時14歳の中学2年生が思ったこととは?

・クラスの女子全員に笑われてバカにされているが、必ず女の子にモテるようになりたい。

・いつまでも親に頼ってられない。

・血の繋がった親に信用されたい。

・せめて、学校にいる時は一生懸命頑張って耐え抜こう。

・関わる人(家族、友達、先輩、後輩等)から尊敬される人間になりたい。

・強くなろう。

・努力だけは誰にも負けない。

・目標は達成するまで諦めない。

・人に文句を言わない。自己責任。

・若いうちに苦労する。

・やりたいことは全部する。

・人がやらないことを率先してやる。

今思ってることとほとんど同じです。

僕は、中学生の頃から考え方も

見た目もほとんど変わってないです。笑

14歳頃からは、

「今、頑張らなきゃ、、、、自分がなんとかしなきゃ」

って思いが強くて全力で生きてきました。

何故、今、頑張らないといけないのか。

人それぞれだと思います。

きっと色々な想いがあって、

今の生活をしているはず。


やりたいことがあるなら、最後までやりきること。

やりたいこと、目標は全部叶えること。

諦めなければ、目標は全部叶えられる。

現状に満足しているなら、

努力しなくてもいいし、

苦労する必要もないと思う。

でも、本気で今を変えたい、

目標を達成したい、

夢を叶えたいなら、

自分自身が変わらないといけないし、

今、頑張らないといけないと思う。

多くの人は、

お前だから出来るんだ!

って言うかもしれない。

でも、それは絶対に違う。

誰でも出来るし、

誰にでもチャンスはある。

僕に出来て、みんなに

出来ないことなど1つもない。

偏差値35しかなくて、

いじめられてた、

僕が言うんだから、

間違いない。

どうしたら、成功できるのか、

目標を叶えられるのか。

それは、やるか、やらないか。

行動するか、行動しないか、

これだけだと思う。

行動してから考えればいい。

失敗してもいい。

バカにされてもいい。

からかわれてもいい。

批判されてもいい。

時間かかってもいい。

だって、死ぬわけじゃないから。

成功して周りを見返してやればいい。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の植田 浩司さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。