舌小帯短縮症(ハート舌)の手術。赤ちゃんのときと、5歳でやるときの違いの話。

次話: 舌小帯短縮症(ハート舌)の手術を終えて良かった話
検診のときに、指摘がなかったわけではないのですが、現代では、5歳まで様子見して、自然と治る場合もあるそうで、見送り続けてきたハート舌。
 



 今回は長男のお話です。小学校入学前にして、滑舌の悪さは、あまり改善しておらず、本業歯科衛生士としても、口腔外科や歯医者でやることも念頭において調べたけど、
 総合病院の小児科で、全身麻酔で手術するしか、なさそうです。
以下、インターネット検索結果の一部引用記事なのですが
舌小帯伸展術!!


切って、縫わないといけないのです。5歳くらいになると。
 これが赤ちゃんだと、局所麻酔でちょん、と切って終わっていたらしいのですが、様子見たので、なんと大がかりな展開に…。


 しかも、怖くて動き回ると、切って縫うだけに、ホラーな展開になることもあるらしく、ネットサーフィンしたところ、歯医者さんでレーザーで焼き切るから簡単でいい、とやって「失敗」し、総合病院へ流れた記事もみつけました。

 笑えません!!



 レーザーで焼き切ると、出血もしないし、いいような気がしたけど、そういう簡単なことでは、なさそう。赤ちゃんのときは、本当に短いからそれこそ、そこでレーザーとか、ちょん、と切るだけでいいのは、理解できるけど。

 もう、口腔外科手術。いや、小児科でも手術よね。5-6針縫いそうですね。手術中は、全身麻酔で痛くないとしても、術後、抜歯と同じで、腫れたり、痛むことも、個人差ありそうな症例です。

 かといって、赤ちゃんのとき切っておくのは、いまの小児科では推奨してないんだから、仕方ない。

 しかし、全身麻酔で手術して、その後3日口のなか違和感、痛いことを考えると、長期休みか連休前にやるしかないのかな。

 そして全身麻酔でこの手術をしてくれる病院を探すことから始めないといけなさそうです。

 令和になり、プログラミングと、ともに英語も必須になってくる新時代。滑舌も大切です。

 レーザーで治療する歯医者さんもあるようですが、不安があるかたは、総合病院でやることをオススメします。私も歯科衛生士ですが、自分がハート舌だったとして、個人の歯医者さんでやるのは勇気がいります。

 口腔外科のある歯医者さんか、口腔外科出身の院長先生なら、ありなのかな。いや、やはり、手術系は、腕の良さで病院を選ぶことをオススメします。

 外科に、限っては、歯医者でも町医者さんでも、専門家には、敵わないです。



続きのストーリーはこちら!

舌小帯短縮症(ハート舌)の手術を終えて良かった話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。