やらなきゃと思いながら、 つい後回しにしてる事。

後回しにしていること一杯ある?


ちょっとした日常の出来事にしても、

ちょっとした家族との約束にしても、

いつでも出来るからと、

つい後回しに

している事はないだろうか?


ちょこちょこと

思い出すのに、

何かしら理由をつけて

やっぱ後回しに。


気づいていないかもしれないが、

これが無意識に

自分を責める劣等感を

生み出している。


常日頃の些細な行動を

後回しにして、

頭を使わない楽な行動に

埋没する癖は、

習慣化しているので、

そう簡単には治らない。


休息を取って

ゆっくり何もせず

時間を過ごすのとは

訳が違う。


今、「やるべきこと」が

明確に「意識」出来るか否か


実は、

「面倒臭いと感じた事」こそ

自分を向上させる

価値あるものなのだが、

人間の脳は、

あまりエネルギーを

使いたがらないのも

事実である。


脳は、

だるいとか、面倒とか、

後回しにしたがる癖があり、

その先に得るものを

ベールに隠してしまう。


本当は、

その先にある

価値を体験すると、

脳は急激に活性化し、

有能な能力を発揮するのだが‥


何故そうなるのか?


答えは簡単。


脳が活性化した

経験がないからだ。


人間は、産まれ落ちた日から

経験した事からしか

結果を想像出来ない。


自ら選択して、

達成して、

結果を出せた時の価値観。


経験が無いゆえに、

知らないから

面倒臭いや、だるいという

信号を出すしか

術がない訳だ。


後回しにしていた事を

サッサと片付けると

物凄く爽快な気分を

味わえる。


その先に今までとは

違った世界が

鮮明になるのだから

一度やってみるといい。


人間は、

川の流れのように

常に循環していると、

自然で健康も保てる。


行動が淀むと

思考は固くなり、

頑固になり、

病気になり、

お金に困るようになる。


ちょっとした事を

サッサと片付ける習慣は、

健康もお金も

健全になる程の価値がある。


何も難しい事は無く、

ただサッサと行動するだけ。


腰が重いということは、

自分の心を劣等生に

仕立て上げている悪習で、

心が淀んでいるから。


気が重いとか、

気が乗らないのは、

脳が自分を

誤魔化そうと

企んでいるだけだ。


あなたは、

すぐ行動出来る人?

中々動かない人?


Blue island


著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。