NHKの受信料って皆どうしてるの?



土屋は、息子や娘と

一緒に暮らしている時は

J:COM観たいって言われてたから

ずっと払ってたねん。


J:COMの支払いに含まれてたから。

見もしない衛星代まで支払ってたわ・・


息子も娘も結婚して

土屋の手元から離れて、

テレビなんて見なくなった今。


去年、J:COM解約して

NHK放ったらかしにしてた訳よ。


しょっちゅう来る

取り立ても

ほとんど家に居ないから

余計に放ったらかし。


オートロックのマンション故、

カメラに不審者映ってたら

無視していたある日、

ケバい女性が来たんよ。


でも、これが不思議なもんで、

いつも男性だったから

無視ってたけど

女性ってだけで

ケバくても

話を聞く気になった。


その女性も

「このまま放っておくと

支払い金額が凄いことになるので!」

と、一生懸命になってくれてる。


玄関先まで招いてみると

ケバいけど、なんか

可愛らしい女性。


で、話を聴くと、

一度契約したら必ず

支払いが滞ると

自宅訪問が永遠に続く。


所有しているテレビや、

車のカーナビでテレビが見れたり、

パソコンにワンセグつけてると

対象になるので、

契約者は支払い義務が生じると。


テレビも処分して

持っていないなら

ちゃんと契約を解約して

手続きをしないと

このまま放っておくと

支払い金額が膨張して

気分の悪い状態になる。


この訪問で一回分支払った後、

支払い意思を確認出来たということで、

繋がりもしない支局へ

自ら電話をいれ、解約手続きの意図を

伝えなければならないと

教えてくれた。


どっちにしても

全く観てない受信料を

一回ぶんは支払わないといけないのか・・


悩む土屋。


観てないのに

支払えって、

詐欺みたいやな。と、話した。


が、一度「契約」が

成り立っているので

法律上見て見ぬ振りなど

皆無であることは

明白だった。


支局への電話は、

フリーダイヤルなど

繋がりにくいので、

自腹切って、有料の電話番号へ

電話した方が繋がりやすいとも

教えてくれた。

で、解約するには

テレビを持っていない事実を

話した上で、解約書類を

自宅に郵送してもらう

手続きをしなければならない。


しかも解約するのに、

解約月までの

支払い明細まで一緒に

送ってくるらしい。


やっぱ詐欺やん ( ;∀;)


皆、結局この作業と

送られてくるまでを

やれたとしても

解約書類を返送しない人が

多いらしい。


で、取り立てのループに

逆戻りするのがオチだとも

教えてくれた。


だったら、ちゃんと順を追って

丁寧に対応していくのが

「契約」に対する

自己責任なのだなと

感じたのだ。


消費者意識で、自分の契約の

内容に責任を持たないって

人として終わってるなと

日々感じていたので、

ちゃんとしようと試みた。


で、今月初めに電話して

書類送ってくるのを待つが

中々送ってこない。


9月2日に電話して、

書類送ってきたのが

9月24日。


これが、

再度放ったらかしになる

カラクリだ。





皆、電話が通じて

解約意思を伝えた時点で

「やった感」になり、

安心してしまう。


でも、電話が通じた時点は、

ただ通じただけなのだ。


解約書類にサインして

印鑑押して返送するまで

気を抜けない事に

注意を向けなければならない。



面倒くさいとか、

ダルいは、通用せん。


しかし、NHKってナニモンなん??


ここまで徹底して

受信料で賄っていく事を

継続する事に

びっくりするわ・・

٩ )و



Blue island



著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。