遠い記憶。

記憶。

遠い記憶。
どこへ行ったのか。
どこへ
忘れてきたのか。
それとも

忘れようとしていたのか。

しかし
鮮明な記憶ほど
忘れられない。
忘れてはいけない。
今の自分の中へ
残すために。

忘れては

いけない。

必ず
私は
私に
遠い記憶と共にしか
生きるすべがない。

生きるしかない。

たとえ
めにあまるものでも。。。

絶対。

絶対。

絶対に。

それが
自分。


汚い自分。




著者のYandy Yanさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。