きっとさ。

きっと。

きっとさ。

見た目だけで
分からない
障害は
誰にも

世界中の誰にも
わからない。

呼吸が
出来なくなったとき。

そのまま
とまれ。
呼吸なんか
もう
いらない。

そう思ったよ。

だってさ。
分からないし
分かってほしくもない。
分かるなんて
言葉は
もう
聞きたくない。
いらない。

本当に
少しでもいいから
分かるのなら

背中を
さすってよ。

そっと。
そっと。
ずっと。

口の中に
嫌いな
薬を
無理矢理いれてよ。

煙草を
吸う
ひまが
あるのなら。

助けてとは
言わない。

ただ
ただ
ほんの少しだけ
ほんの少し

背中に
身体に
触れていてよ。

少し。

少しでいいから。

おねがい。
おねがい。







著者のYandy Yanさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。