「何考えてんのかわかんない」は、相手を知ろうと努力もしない奴が平気で放つ言葉

お母さん方の悩みに

こんなのがある。

 

小学生の息子が、朝から

のんびり支度するので、

遅刻しそうになるのを

見かねて口うるさくなったり、

イライラMAX

怒ってしまうというもの。

 

お母さんたちは、自分は幼い頃から

学校は遅刻しちゃいけないと

ちゃんとわきまえていて、

どんなに寝坊しようとも

遅刻せずに登校していたという。

 

ところが、我が子は全く違って、

何で早くせなあかんねん!といった態度で

マイペースらしい。

 

たしかに、土屋も息子には

泣かされた経験しかないので

共感する。

 

土屋も当時は力づくで、

大声と圧力を使って

取り敢えずその場を

やり過ごす術しか

併せ持っていなかった。

 

納得しない息子の「気持ち」など

ガン無視状態だったチーン

 

何とか息子が学校へ行って、

目の前から姿が無くなったら、

土屋自身は、スッキリしている。

だって、後は

学校が何とかしてくれると

思って、疑わなかったからだニヤニヤ

 

母たちの悩みは、

この理解出来ない息子の思考と行動に

翻弄され疲弊している自分自身。

 

自分の思った通りに

行動してくれない事に

ストレスを感じている。

 

自分はそんな迷惑、

親にもかけてないのに。と、

どうしても息子の態度に

納得がいかないから

理解できないと

信じ込んでいる。

 

 

「何考えてるのか分からない」

 

これは、息子に限らず、

異性やパートナー、

ありとあらゆる人間関係で

発生する問題だ。

 

さて、一体何が問題でしょうか?

 

 

わが子やパートナーに対してへの

心の配慮に欠けているのだ滝汗

 

自分の保身しか考えていないので、

他人への興味関心より

自身の安全ばかり気にしている結果だ。

 

上記にも書いたが、

面倒くさい事は、

きっと他の誰かがやってくれるだろう。という

甘えが結果として出てくるだけ。

やっぱ自己中ぢゃんちゅー

 

なんだ、やっぱそこかょ・・・真顔

 

人間観察しなさいよ。

母たち・・・ニヒヒ

 

 

Blueisland

著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。