欝と統合失調症

よく朝が来ない夜なんてない。と人できはいう。

だが僕の場合は朝も夜も怖いのだ

最初に始まるのは夜、不眠症との闘いだ

現在病院を変えて約2ヶ月が経つが

病院を変えてばかりの時期は

まったく眠れないという日々が2週間続いた。

前回通っていた病院の先生が薬を大量に出していてくれたため

何が効いて何が効いてないのかの把握ができてないのと

身体にかかってる負担があまりにも大きいはずだ

というのが今回の病院の先生のスタンスなのである


もともと病院を変えるつもりはなかったが

前の病院の先生が病気になり病院を閉めることとなった結果

現在の病院へと変わった


前回の病院の先生は”まず眠れることが大事”だという考えのもの

イソミタール粉末 をだしてくれた

非常によく眠れるありがたい薬だったが

現在の病院の先生は”薬の調整中”だからと理由で”まだ”出してはくれない


とにかく、病院を変えての最初の2週間はつらかった

薬を飲んでもどうせ眠れないんだし・・・

と考えるようになり

服薬するのが怖くなった

何も飲んでるのは睡眠薬だけではなく精神安定剤も入っているため

それらも飲めなくなるため負のスパイラルに突入していくのである

そうしているうちに不眠4日目からありもしない声が聞こえるようになる

オマエハイキテイテハイケナイ

ドウセダレモカナシマナイノダカラシンデシマエ

ラクニナルゾ

苦しい苦しい2週間だった。

朝は太陽の日がまぶしく暗い部屋にいる。

就労支援B型で働いてはいるが体調が整わないため通所もできない。

そんな日が2週間も続き

2回目の通院時、薬の調整が入り

15分ほど眠れるようになる。

不眠とはとにかく辛い・・・

周りや、物に あたれたら少しは気分もすっきりするんだろうが

”痛み”を知っているので決して人や、物にあたる事はないようにしているつもりである

眠れないことに対するイライラが波のように押し寄せてきて

自分を責める結果になり

自傷に走る

他人の痛みには敏感なのに、自分への痛みは鈍感なのである

そうこうしているうちに、3回目の通院。薬の調整がはいり

”トータル”で1時間ほど眠れるようになる

大体15分~20分寝た後、2時間ほど起きて次の睡眠に入る

を一晩に何度か繰り返し朝が来る。

希望なんて何にもない 苦しいだけの朝

夢と現実の狭間で過ごす朝は非常にきつい。

基本家族は僕に対して腫れ物に触るかのように扱う。

両親、妹は決して自分から話しかけてくることはないし

姪っ子2人に関してはこっちから話しかけても

無視である

居づらい・・・実家なのに居づらい・・・

こうして結果部屋に引きこもるだけの生活を送る

とりあえず就労支援B型に通ってはいるが

連日の睡眠不足で 仕事や他人を受け入れる容量が少ないため

通所に対しての抵抗がある

いっぱいいっぱいの心では仕事や他人事を受け入れることができないのだ

事業所は 体調のいいときだけでもいいからおいで

といってくれる。非常に居心地の良い事業所でなんだかんだでお世話になって6年目だ。

決して通所が辛いわけではない

日ごろ体調が整わない僕は、以前の病院に通っていて眠れていたときも

月の出勤は5回ほどだ

しかしこれがまたいい気分転換にもなる。

通所したら通所したでみんながパソコンについて聞いてくる。

パソコン関係のトラブルや使用に関しての質問などは全部ここに来るようになっている。

以前プログラマー兼PC講師をしていた経験があり

僕ならパソコン関係の問題を解決してくれる

みんなが頼ってきてくれていて、必要とされてることに

喜びを感じているが

眠れない現状じゃ、それを受け入れる容量がない

こうして不眠から始まった病院変えから4週間後

2回目の通院だ

ここでもまだ眠れないことに対する件で薬の調整が入った

次はトータルで2時間ほど眠れるようになったが

それでも”トータル”で である

連続睡眠時間はながくても45分、後は20分刻みで起きるということのくりかえしだ

当然眠りは浅く、夢ばかりをみてまったく眠れた気がせず起きるという事を

一晩に何度も何度も繰り返す。

おととい、あまりにも限界に達していたのか

ついに我慢できず、予約日以外に病院に行き

眠れないことに対する不安を延々と先生にぶちまけた。

そこでまた薬の調整が入り

かろうじてトータルで4時間ねむれるようになった

ようやく睡眠時間の短い人並み の睡眠である

やはり夜何度か起きるが

どうせ薬飲んでも眠れないんだし

っていう恐怖はなくなり少し心に安定を取り戻した

おそらく、また次の予約日いくらか薬の調整が入ると思うが

とりあえずまずは連続睡眠時間3時間を目指してがんばるのである。

著者の司 宮城さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。