自分と対話しないと世の中に飲まれて 思考を雁字搦めにされ死んじゃう件について

1 / 2 ページ

自分と対話しないと

死んじゃうよぉ><////




今年の5月ごろから

ノート書きを

はじめました




日々思ったことや


高々と掲げあげた熱き志


個人的な

どうでもいい思想や


1日のファインプレー集


あとちょっと日記。



などなど


お気に入りの

ボールペンでガリガリ

書いてきたんですけど


やっぱりやってて

よかったです



===========


見返すたびに
忘れていた自分を
思い出す


============



人間って

本当に忘れる

生き物なんですよ(今更)


どれだけ高い志を

掲げあげても


3日、1週間、1ヶ月1年と

気づけば 熱も冷め

すっかり忘れているんです


もう怖いくらい。




スッポリ脳みそから

抜け落ちているんですよね




だって


年始に決めた

目標とかって

覚えてますか?


僕は覚えていません

(大を声にして言います)


(ᵔᴥᵔ)<ダイッ!



ですが、そんな


熱き志や年単位の

野望溢れた目標などを


ノートに

書き込んでおくと


見返した時


「ああ、そうだそうだ

 俺はこれをしたかったんだ」


と思い返すわけです

(ものすごく当たり前のことですが

 めちゃくちゃ大事)




・その野望は何だったのか


・その野望のために今を何をしてるのか


・現状はどんな感じなのか


これら全てが

明瞭になります

(もうそれは それは凹むくらい)



いやはや、便利な道具です。




このように自分と

対話する時間を

作っておかないと


自分を見失う

可能性があるのです


迷子になっちゃう。



あれ?俺どこ?って



もうこれほど怖いことって

著者の涼磨 中村さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。