ヤクザの方をお乗せして、誰よりも人を想う心を持っているなぁと思った話。

夜の六本木、
若者から60歳を越えた大人、どこの国の人か分からない外国人まで
多くの人間が行き交う街。

そんな街でお乗せしたのは所謂ヤクザの人間だった。

人間は見た目や肩書で決めるものではない。
そう感じる会話をした。

感謝の心を持ってい生きる人はどれだけいるだろう。

ーーーーー

手を挙げた二人組の男性。その後ろには4,5名の人だかりができている。
車を止めてお乗せすると、
「オツカレッシター!」
「ごちそうさまです!」
「ありがとうございましたー!」
後ろにいた人だかりが威勢のいいあいさつをしだした。

そんな中で一人、
「さっきはすみませんでした」
という声が聞こえてきた。30代の男が頭を下げている。
その言葉に、いまからタクシーに乗り込もうとする50代ほどの最年長のおじさんが
持っていた傘でその男を二発叩き、突き刺す。
「お前ふざけんじゃねぇぞ!」
「あぁ、すみません」
痛そうな声を出しながらもう一度謝る。
「はっはっは、気にすんな」
笑顔に変わるおじさん。
どうやらお店で何かやらかしたこと謝ったらしい。
許しているようだが、それにしてもオフザケのノリが派手過ぎる。

それが終わり、
最年長のおじさんと同じ方向の若い男が同乗してきた。

最年長の方と二人ということもあり、途切れることなく話をする。
今の仕事、仮想通貨、お金、海外の飲食事業、
お互いの団体のちょっとしたいざこざ、
このいざこざの話で、さっきの団体を含めヤクザの方たちだと悟った。
しかも、同じ組織ではなく何個かの組織の人で集まっていた。

話題が移り変わっていくなかで、一つ、心を揺さぶる会話があった。

「俺たちは何をやっても常に悪く見られる。
だけどな、感謝の心を持って人と向き合っていかなきゃならん」

「はい、そうっすね!」

「俺なんかいつも近所のおばちゃんと会話してるぞ、
今日も天気いいねとか、顔色が良いねとか、」

「へぇ~、そうなんスね!」

「特別なことじゃないんだよ、小さなことで良い、花が咲いたから
綺麗とか、そんな些細な会話をしてるか?」

「いや~、してないっス!」

「そうだろ?お前、親は?」

「います!」

「連絡とってんのか?」

「いや~全然とってないッス!」

「馬鹿野郎!お前何やってんだよ。親には一番感謝しねぇといけねぇぞ」

「はい」

「お前誕生日いつだ?」

「来月です」

「じゃあ、その日、親に電話しろ」

「え、電話っスか?」

「あたりめぇだよ!生んでくれてありがとうってちゃんと伝えろよ!
だれのお陰でいままで生きてこれたんだよ」

「いちおう、親っス」

「そうだろ?」

「はい」

「だったら伝えろよ!」

「わかりました」

「うちの若いのもなぁ、親と連絡とってなかったんだよ。
だから俺が怒って誕生日に急に電話させたんだ」

「はい」

「その親はな、正直まともにその若いのを育ててこなかったんだよ。
だから関係も悪かったんだけど、
生んでくれたのは変わりねぇから電話しろって」

「はい」

「そしたら、親は大号泣だよ!それまで連絡も取ってないバカ息子から
ありがとうって連絡来るもんだから」

「へぇ~、良い話っすね」

「俺がうちの若いのに言ってるのは、まず親に感謝しろ、
誕生日には感謝を直接伝えろって言ってんだよ」

「はい」

「育てがどうこうとかはあるけどな、
親が生んでくれなきゃ、みんな今いねぇんだぞ」

「そうっスねぇ」

「だから来月は絶対電話しとけ、親は絶対喜ぶから」

「わかりました」

そんな会話があり、ここで若い男が先に降りた。
今度はおじさんと私の二人きりだ。
早速話掛けてくる。

「運転手さんは若いよね?いくつ」

「そうですね、25なのでタクシー運転手としては若いです」

「そうだよな、親は生きてんのか?」

「はい、生きてますね」

「二人とも?」

「はい」

「さっきの話聞いてたと思うけど、運転手さんも親には感謝しなよ?」

「はい」

「誕生日には直接電話して『生んでくれてありがとう』って」

「はい、そうします」

「絶対喜ぶから!感謝が大切だからな」

「はい、ありがとうございます」

ここで目的地に到着した。

「じゃあ、お釣りはいいから、大変だろうけど頑張れよ!」

そう言って右手を差し出し、握手をした。
力強く、相手を想う心を感じ取れる右手に
こちらも感謝を込めて強く握り返した。

本当はもう少し会話があったが、そこは割愛。


もしかしたら、
言いたいことがある人もいるだろう。
ヤクザだから・・、普通の事してるだけ・・・。

一言だけ言えるのは、
こんな会話をしたのも、握手をしたのもこのおじさんしかいない。


著者の敬人 與那城さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。