恋人と別れたけれど、心穏やかなクリスマス

いよいよクリスマスだが、僕は1ヶ月ほど前、大好きだった彼女と別れた。付き合い始めたのは今年の8月からなので、交際期間は3ヶ月ちょっと。


これまで僕は何人かの女性とお付き合いしたことはあるものの、正直に言って恋愛に対する優先順位が低く、恋愛を楽しんだ経験があまりない。


いま振り返れば本当に申し訳ないのだが、『今日たまたま空いてるとかならいいけど、先の予定をわざわざ時間を作って会いたくない。』と言ってブチ切れられたことがある。


そりゃそうだ。本当に申し訳なく思っている。

そんな僕がこんなに人を好きになるなんて考えもしなかった。

毎日でも会いたいと思うし、付き合う時点から結婚を前提にした交際のつもりだったし、彼女も最初はそのつもりだったと思う。


本当に幸せな時間だった。


しかし、少しずつ、小さなズレが広がっていっていることに僕は目を背けていた。


彼女から別れ話を切り出されたとき、意外とは思わなかったし、もちろん悲しいものの、比較的冷静に対応していた。

なぜか涙は出なかった。涙は出なかったが、心に大きな穴が空いたような感覚だった。

その次に湧いてきた感情は、自分への怒りだ。


反省するところを上げればキリがない。

僕が彼女を好きすぎた結果、重くなって苦しめた部分もあるだろうし、彼女を焦らせてしまった部分もあるだろう。そして、彼女も起業しているので、いまは仕事を優先したいという気持ちもあったと思う。


彼女とは一回り以上年齢も離れているから、そもそも恋愛対象としてみるのも難しかったのかもしれない。

なかなか簡単に現実は受け止められなかったし、やり直したいという思いも精一杯伝えたが、彼女の意思は固く、お別れすることになった。


希望があるとすれば、嫌いになったわけではなく、いまは恋愛そのものに積極的になれないという彼女の言葉。


その状態でやりとりしても逆効果になると思ったので、この1ヶ月、僕からの連絡は控えていた。

一方でこの1ヶ月は生きた心地がしなかった。ストレスなのか、胃の痛みと吐き気がひどく、夜も寝付きが悪い。

11食しか食べれないことも多く、明らかに弱っていた。


あまり人に頼ったり、弱みを見せるタイプではないので、会食の場ではかなり頑張って食べたり、そもそも極限までお腹を減らして行ったりしていたので、あまり気がつかれなかったかもしれない。

それでも一部の友人には気づかれてしまい、状況をすべて話した。泣きながら人に相談するなんて、いつぶりだろうか。


友人からのアドバイスは一言だった。


あきらめるな。


自分でもびっくりするくらい、僕は彼女のことが大好きだ。


ただ、相手はもう距離を置きたがってるし、僕がアプローチしてもむしろ迷惑なんじゃないか。それだったら他の人を見つけた方がいいのでは。頭の中でぐるぐるぐるぐるいろんなことを考える。


そして、街はクリスマスムード。カップルを見ると辛くなってしまう自分もいた。


それでも僕はあきらめなかった。なにより彼女への想いが溢れすぎて、ほかの女性に興味も持てなかった。

しかし、頭ではわかっていても心は正直だ。

彼女の投稿がSNSで流れてくるたびに心が病んでいく。彼女のアカウントをミュートして、できる限り考えないようにしながら1ヵ月を過ごした。


そして、いよいよクリスマス。


もともとクリスマスプレゼントに渡したいものは考えていた。しかし会うことができないので、郵送で送る準備をしていた1223日。


彼女からLINEが届いた。


『いま麻布十番にいたりしない?』


驚いて手が震えた。


僕は渋谷にいたので、居ないけどすぐ行けるよと返した。


『大丈夫。まだ予定中だけどちょっと会いたくなっただけ。』


このメッセージを見た瞬間、僕は家を飛び出して麻布十番に向かっていた。


彼女も会いたいと思ってくれていた。一瞬思っただけかもしれないけれど、今日会わないともう次は無いと思った。

僕は夜もやっている花屋さんを探し、駆け込み、赤いバラを3本買って麻布十番に向かった。

会ってすぐ、彼女を抱きしめ、バラを渡した。


『あなたを愛してます』


3本のバラの花言葉だ。


この1ヵ月のこと、お互いに思っていたことを話した。結論としては、今日付き合いがもとに戻ったわけじゃないし、僕はいま彼女がいない。


でも心はとても穏やかだ。


彼女ではないけれど、心から愛している人がいる。相手も出来る限り向き合おうとしてくれている。


いまの僕にはそれで十分だ。


クリスマスだから恋人がほしい。その気持ちはわかるが、僕は恋人を作らなくてよかったと思う。

彼女はいないけれど、僕はいまとても幸せです。


みなさん、いいクリスマスを。

著者のYoshi Satoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。