感情の蟻地獄

離婚して7年。

せっせと借金ばかりつくってくる旦那様と

縁を切った訳だが、

息子や娘にしょっちゅう

金銭をせがんでくるらしいポーン

嘘偽りで塗り固めたレベルと

同レベルな自分自身だったから

共に生活していたのだろうな。


借金がいけないわけではない真顔


借りたお金を返済して、

お金が回っていれば問題は無い。


逆に返済している事が大きな信頼であり、

お金が回っていれば融資も受けられる


借金する事は、恥ずべき事ではなく、

それを借りる動機が大事だ真顔


車や家のローンも借金だ。

しかし、返済しながらお金を回す事で、社会が動いている。


借りたお金を返さないで、

自分の甘さに委ねて楽をしようとするから

おかしな事になる滝汗


そんなだから、

お金が回らなくなるのは当然だが、

その状態で突然死でもしたら

周りが迷惑だと考えない思考が

そもそも責任感の欠落であり、

少額でもいいから死んだ時の葬式代をと

考えて終身保険を毎月かけるなどの

継続性も持たない姿勢では

必ず迷惑な死に方をするゲッソリ


まだ一緒に生活していた頃、

中古でボクシーを購入した。

毎月4万の支払いを夜中も働いて

5年間支払ったのだが、わがままな元旦那様は

ほぼほぼボクシーを運転させてくれずチーン


自分の物として自由に乗り回し、

挙げ句の果てにカーナビまで

支払いはこっち持ちで購入してきた。


運転させてもらえなかったそのボクシー、

どうなったと思う?


10年以上になるが、

未だ手放さずに元旦那様は乗っていらっしゃる。


が、とうとう動かなくなったらしい。

でも手放す勇気はなく、

お金が無いから

娘に何とかしろと連絡してきた。


二度程、競馬で40万儲けたって

言ってたよな?と、娘と話した。

孫に出産祝いを渡さずに

競馬で儲けた話はしてきて

借金の申し出をしてくる心理を

娘と議論した。


これからの世の中は、

自我を前面に押し出した

勝手気ままな行動で生活している者は

確実に排除されていくニヤニヤ


自己の甘さに委ねて楽して

思考停止した状態で生きていると

確実に自分の首を絞めるニヒヒ


人の役に立とうと考えて行動するのか、

まず自分!と、自分のことばかり考えて行動するのか?お金の使い方に、どう責任を持つのか?が問われる。

誰もがお金はたくさん欲しいと願っている。

不正を働けば滞って当たり前。

不正を捻じ曲げて

仮面を被り続ける事のできないシステムに

世の中は変化しているので、

思考停止している場合ではないし、

不正を当たり前としている場合でもない。


結局、目に見える現物に気を取られて

自我の欲するままに

「分け与える」事もせずに

俺が俺がと欲を張れば

ボロボロになった車にも執着し、

孫に小遣いを渡すより

一儲けしようと欲を張れば

手に入ったお金にも執着し、

どれもこれも

最終的に手放さないとならないゲロー


その手放す時の執着心が

執着したくなるような事象を

目の前に運んでくる滝汗


スパイラルに陥った欲という夢は、

思考停止している人間が

目覚める事なく死ぬまで続く

感情の蟻地獄へ沈んでいくのだ。


人間は、今まで培ってきた

執着心という感情を

手放す勇気は持ち合わせていない。


失敗した過去は取り消せない。

しかし、その失敗を糧に

成功へ一歩前進させるかは、

その人次第。


どんな結末を迎えるのかも

その人が選択していくので

こちらがどうこう口出しする事でもない。


少し前までは、我が子たちに

こんな家庭で申し訳ないと自分を責めたが、

今は、この現状から子供達自身が自分を見つめる

良い機会である事だと思い、

我が子であっても、

その子自身の人生は

その子のものなので口出しせずに

何を思って、どう行動するのかを

しっかり見守る事にした。


親の責任は、産んだ子供達が

自分の足を地につける事ができるように

サポートすることだからだ真顔


決して悲観したり、自分を責めるような

くだらない時間を過ごさず、

何があっても我が子の味方であると

自信を持って言ってやれる親である事の方が大事なのだウインク


我が子であろうが、他人であろうが

不甲斐ない元旦那様であろうが

皆、その立場という役目があるから存在している。


それぞれの役目を

客席から観賞できる精神力を

養う事が生きる目的なんだと思う。


著者のTakae Tuchiyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。