Nintendo DS Software開発

ゲーム開発がしたくて、セミナーに参加

あるセミナーで、1年間かけてゲーム開発するプロジェクトに参画しました。
9人のチームで、1つのゲームをつくり上げるというセミナーで、企画から開発まで全ての工程を社員さんを講師に迎えながら行いました。
ここで、チーム開発の強さと、その難しさを深く学びました。
プログラマー3人、デザイナー3人、サウンド1人、ディレクター2人という構成で始めた開発は多くの困難と問題がありました。
(具体的には、"面白さとは何か" "新しさとは何か" という根本的な事を、ずっと考え続けるのが一番苦しかったです。。)
その中で、その会社の開発姿勢である”Try and Error”を学べた事は非常に大きな経験だったと思います。

組み込みハードウェアの厳しい制限

組込みハードウェアでの開発は、多くの制約があり(特にVRAMのメモリ256MBが一番きつかったです。)、あらゆる問題解決にクリエイティビティが必要で、非常にエキサイティングな経験でした。
私達は、"新しいこと"を最も大切にし、新しいゲームを創りだしたので、開発で発生する問題も新しい問題で、その解決法を誰も知らないことが多く、とても大変でした。。

ゼロから物を作ること

しかし、統括すると、ゼロベースで開発することと、常に考え続けること、そしてチームでの開発のパワーと重要性を学べたこの経験は、今後の自分にとても生かせるものだったと思います。
皆さんありがとうございました。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の溝部 拓郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。