東出昌大よ、年末、ダウンタウンの笑ってはいけない出演決定か?!女は、母親頑張っているとき悲劇が起きやすい話

 ごちそうさん、のドラマをみて、二人が結婚したとき、どれだけ、両方の演技のファンだった私が、感動したとおもっているのでしょうか。


 年末にダウンタウンの笑ってはいけないに、パンツ一丁で禊といって出演しないでくださいね。でも実現したら必ずみてしんぜよう。

 東出さんが、結婚は三十後半から四十ですると思っていた、したくてしたわけじゃないとか、結婚は、いいものじゃないとか、だいぶ新婚のときとコメント変わったな、という印象を受けたのですが、きっと東出さんは、外見よりも子どもっぽいんでしょう。そして父親になりきれなかったパターンなのでしょう。

 男というか、若い女の子と恋愛に走る男性というのは、多少、男はモテたいでしょうし、あわよくば、というのがないとは、言えない。でもね。世の中には愛妻家もいるわけだから、結局、条件というか、なにか変わってしまうと変わる愛。


 浮気は、病気です。浮気しない人はしないです。もう、性質といってもいい。ただ
 遊び人のような感じの海老蔵さんが、麻央ちゃんで劇的に変わったように、東出さんも、杏ちゃんでだいぶ変化した男性では、あったのだろう。だけど、杏ちゃんの求めるものと、東出さんの求めるものがすれ違ってきてしまって、ここにきて亀裂が入ったというか、表面化した、と私は思いました。

 ファンとしては、別れてほしくないし、お子さんもいるし、どういう形がいいのか、わからない。

 ただ、結婚も、恋愛も友情も、相手がいる。一人では出来ない。相手の気持ちあってのことなので、片方だけがやり直そうとしても、続かない。

 東出さんは、ハッキリいってしまうと、杏ちゃんと付き合って名前を知られた感がある。杏ちゃんは見た目のインパクトといい、主役を張れるところといい、ご両親も有名人で、まさにサラブレッド。

 ディズニープリンセスでいうなれば、アラジンだろう。王家ジャスミンが杏ちゃんなら、さしずめ、東出さんはアラジンだ。

 王になって、演技も認められてきて、俺は売れた、俺はモテる、杏なんぞいなくても…と調子にのってしまったようにさえ、見える。

 恋愛は、自由だ。独身という立場なら。でも芸能人という特殊な人たちは違うのだろう。

 毎日、ドラマや映画、芸能界は美人やイケメンが溢れていて、出逢いも多いし、誘惑も多い。だけど長く仕事を続けている俳優さんの多くは、きちんとしているか、浮気しまくりでも許されるだけの実力があるか、地位があるか。

 いつも芸能ニュースをみて思うのは、浮気しても消えない人もいるけど、大抵スキャンダルで仕事や地位を失う。それも交通事故のように、あっという間に全部失う。積み重ねるのは、大変なのに
  失うのは一瞬なのだ。


 東出さんが手を出した唐田えりかさんも好きな女優さんなだけに、めちゃくちゃファンとしては、複雑だ。えりかさんも、両親を悲しませるとは、思わなかったのか。好きなら何も見えなくなるのか。

 誰かの不幸の上に成り立つ恋愛もある。が、やり方次第だ。
 自分しか見えなかったのだろう、それが不倫だ。不倫の状態にある二人は頭がお花畑になり、非現実を楽しんでしまう。それこそ無責任に。そもそも賢い人はこんな風に世間にバレるようなやり方をしないだろう。


 私にも子どもがいる。私も母親だから、旦那を放置プレイしたりしており、それがこういう浮気に繋がる可能性もあるのだろうが、母親になると、女であるのを忘れてなくても、優先順位は、多少変わる。

 結婚に大切なのは、「誠実さ」だと思う。もう、それがなくなったら終わりだ。それが出来ないなら結婚しても離婚も必要かもしれない。


 旦那を放置し、イクメンを要求した杏ちゃん。父親であるより、男としてモテることを優先した東出。既婚者としりながら、本能の赴くまま恋愛をした唐田えりか。

 誰の視点でみるかで、どれが正しいとか間違いとかも変わる。それでも不倫の代償は、大きい。結婚とは、契約である。永遠の愛は、ないのかもしれないが、紙切れ1枚と言えど、法律での決まりがある。

 矢口真里のように、不倫から純愛になるのか。代償を払い、失ったものを後悔するかは、東出の今後の態度による。私は杏ちゃんを応援します。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。