事故は起きるさ。THOMASのミュージカル調の曲の中毒性についての話

 

 YouTubeでトーマス 事故は起きるさで歌が聞けます。歌詞ですよ、歌詞。
 うちの上の子がハマってしまってエンドレスリピートして聞いてしまうのですが、内容も怖いし、歌詞もシュール。

 トーマスは、イギリスのアニメでしたっけ?とにかく、日本の事故の感覚と海外の感覚は、違うのでしょうが、安全第一で教えているのに、歌詞がぶっ飛んでいて、しょうがないサーって進む歌詞にゾッとしてしまいます。

 何でこんなシュールなのよ。でもミュージカル調になっているから、なんとなく聞いてしまうし、しかも一度聞いたら忘れない。動画も凄い。痛いよ。ガンガン機関車が事故っていくのだから。

 プラレールやアニメやCGでの事故シーンなのですが、ミュージカル調になっているから、コメディにも見えなくもないけど、やっぱり怖いよ、映像も歌詞も。ホラーな感じが好きならいける?かもしれないが、子どもにこれをリピートされるのは、喜んでいいのかわからない。


 
歌詞一部引用

 因果応報、バチがあたるとか
日本語和訳がシュールなのか?!道徳アニメ、トーマス。やってくれるな。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。