「タクシープレイ」酔った男女を昂らせる変わった趣味

タクシーはお客様にとってプライベートのような空間である。

移動時間で次の仕事を確認したり、
空いた時間を電話に活用したり、
仕事帰りののんびりできる至福の時間にしたり。

使い方は様々だが、時には驚かされることもある。

金曜日の夜19時頃、
中目黒で男女が乗って来た。
スーツ姿の男と、カジュアルな装いの女。

金曜日といえば、一週間が終わり、ほとんどの仕事人がウキウキしていて
飲み屋街は人で溢れかえっている。

タクシーも、書き入れ時。

そんな金曜日の夕方に乗って来た男女。
中目黒で乗せた二人は、「渋谷の道玄坂上」へ行きたいと言ってきた。
道玄坂上の付近も、飲み屋はたくさんあり、
ラブホ街もすぐ近くにある。

このような流れはタクシーではよくある事。
何度も通っている道を、いつも通りお送りするだけ。

19時を回る頃だが、既に出来上がってる感満載の男は
女にちょっかいを出し始めた。

女「んふっ♪んふふっ」

女の笑い声が聞こえる。

二人して気分が良いのだろう、
仕事の話や、先ほどのお店の話、
合間合間に男がちょっかいを出しながら話をしている。

女「ちょっと~離れて~」

後ろの様子は見えないが、バックミラーに男が映らない様子から
膝枕でもしているのだろう。

金曜日の19時、車はまだ多くスムーズには進まない。

女「んふふっ、近い~♪」

相変わらずイチャイチャを楽しんでいる二人。

これくらいタクシーであればよくあることだ。
安全運転で渋谷の道玄坂上へ向かうが、
イチャイチャはまだ続く。

女「んふっ、んはっ、ふふふっ、も~」

男は話すことを辞め、本格的にイチャイチャを始めた。

女「んふっ、いやっ♪」

男「ん~?」

女「ん~、んふっ♪」

男「ふふっ」

女「んっ、、フー、ハー」

深呼吸をする女。

何か高まるモノを抑えている。
男は相変わらず無口だ。

見た訳でもなく、確信的なものはないが、
後ろでただイチャイチャしているんだろう。

そう自分に言い聞かせている。

道玄坂上へはもう信号二つぶんほど、
もう目と鼻の先。

さらに二人の時間は進む、

女「ん~、ンフッ、ンフフッ、長い~」

男「長い?」

女「いつもより時間、んふっ」

漏れている、二人が何をしているのかは漏れてきていた。
女は身体をモゾモゾさせる。

二人は私がいるのを忘れてしまっているのか、
知っていてあえてやっているのか、
そんな疑問が頭の中を彷徨っている。

女「んふっ」

男「もう少しだよ」

女「ながい~」

男「ほら、あそこもう見えてるから」

目的地もすぐそこ。

私「お客様~お止めする場所はどちらにいたしましょうか~?」

タイミングを見計らって声を掛けた

男「ん?あ~」

女「んふっ、やっぱりいつもより長い気がする」

男「え~あの信号を越えたとこで」

私「かしこまりました。」

ヒートアップしている二人に声を掛けたときに、

あることに気づいた。

香りが、、、

遂には香りが充満し始めた。
車内で。

私「(目的地まで待ってくれ~)」

香りが充満し始めたのは、まだ止まる信号の一つ手前の信号、

あと1分、いや30秒。

「(どうにか、車内に爪痕を残さないでくれー)」

祈る私をよそに、二人は最後まで楽しむ。

女「いつもより長い気がする」

男「いつもと同じ道だよ」

女「いや、いつもより長くて・・んっ」

「(いつも?常習犯。。。タクシープレイじゃねぇか!)」

二人は、お互いに高まっていたのではなく、
いつもやっていることらしい。
しかも同じコースで。

ふたりはタクシープレイを楽しんでいる。

二人を降ろして、汚れていないか後ろを確認。
幸い汚れてはいなかった。

何事もなかったかのように歩いていく二人だが、
男は自分のコートで軽く手を拭いていた。

モノ好きもいるものだ。。。


著者の敬人 與那城さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。